プログラミングスクールを無駄にしない、しっかりスキルがつく学び方

IT・プログラミングスキル

プログラミングスクールに通ったけれどプログラミングのスキルがついたと思えない。行っても無駄だったと感じてしまう人がいます。

 

そう感じてしまうのは、テキストの例題に出てくるような簡単なプログラムのコードはかけても、習ったことのない機能を作ろうとすると、どうコードをかいていいのかイメージがわかないから。

 

プログラムが出来るようになるには、学ぶときにちょっとしたコツが必要です。

 

せっかくプログラミングスクールに通うのだから、「プログラミングが出来るようになった!」と自信が持てるようになりたいですよね。

 

どのように学べば「出来る!」と思えるようになるのか紹介します。

 

プログラミングが出来るようになるコツ

 

プログラミングが出来るようになるコツは、次の2つ。

  • 実践する(自分で考えてコードを書く)こと
  • 調べて解決するスキルをつけること
 

実践すること

初心者向けのプログラミングスクールでは、文法(書き方やルール)に慣れるために色々な例文を写すことが授業の中心になります。

例文のコードをただ写しているだけでは、例文と同じような機能すら自分で作れるようになりません。

 

「なぜここで、このコードを書く必要があるんだろう?」と1文、1文の意味を確かめながらテキストのコードを写していくと理解が深まります。

これだけで終わってしまうと、テキストの例文以外の機能を作れる自信がつきません。

 

「出来る!」と思えるようになるには、テキストには書かれていないような機能を実際に作ってみる(実践してみる)ことが必要。

 

実際にやってみれば分かりますが、「テキストの例題を写す」のと「1から自分で考えてコードを書く」のでは、全然違います。

 

理解したつもりになっていること、気づけていない大事なことなどが分かります。

 

調べて解決するスキルをつけること

実践を通して、ぜひつけてほしいのが「調べて解決するスキル」。プログラミングが挫折しやすのは、書いたコードが動かないときに直せない(解決できない)からです。

 

あるプログラミングスクールのアンケートでは、約35%もの人が「エラーが解決できず」に挫折や行き詰まりを感じています。

アンケートの詳細は、こちらで紹介しています。

 

調べて解決するスキルとは、動かないときに、

  • エラーメッセージなどを手掛かりに動かない箇所をみつける
  • 動かない理由を、エラーメッセージやネットなどの情報で調べる
  • 情報が見つからないときは、解決に結びつきそうなことを試してみる
ことなどです。

 

調べて解決するスキルがつくと、作ったことのない機能でも「なんとか出来るだろう」という自信がもてるようになります。

 

プログラミングが出来るようになるカリキュラム

 

基本を学んだあとに、自分1人での開発(コードを書く)や、チームを組んで開発するカリキュラムがあるプログラミングスクールがおすすめです。

 

実践するだけなら、プログラミングスクールのカリキュラムに含まれていなくても、自宅で出来ると思いませんか?

 

たしかに、習ったことをもとに身近な機能(例えば会員登録やログイン機能など)を家で作ってみるのもおすすめです。

 

ですが、実践では「上手く動かないのが当たり前」です。

自宅で一人で作っていては、動かないときに聞くことができません。

 

プログラミングスクールを利用するメリットは、分からないことを聞けること。

初めてみるエラーの意味や、解決する方法の調べ方を教えてもらえることで、挫折せずにプログラミングを学び続けることができます。

 

まとめ 

プログラミングスクールに通ったのに、プログラミングが出来るようになったと感じられないのは、実践(自分で考えてコードを書く)が足りていないからです。

 

文法(書き方やルール)を覚えるだけの授業では、プログラミングは出来るようになりません。

 

覚えたことを実践するために自分1人で開発したり(コードを書く)、チームを組んで開発したりするカリキュラムが組まれているプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

 

この実践を通して、ぜひつけてほしいのが「調べて解決するスキル」。プログラミングが挫折しやすのは、書いたコードが動かないときに直せない(解決できない)からです。

 

調べて解決するスキルがつくことで、授業で習ったことのない機能でも「なんとか出来るだろう」という自信がもてるようになります。

 

 

[参考]おすすめのプログラミングスクール

DMM WEBCAMP

業界で初めて就職・転職保証を付けたプログラミングスクールです。30歳未満で講座終了後3ヶ月以内に就職できなかった場合は、授業料が全額返金されます。

 

他のプログラミングスクールの就職・転職保証期間は「6か月以内」が多い中、DMM WEBCAMPは「3ヶ月以内」で高い就職成功率なので、短期に就職が決まっているのだろうという印象です。

 

就職成功率は98%です!
(※2018年11月時点)

 

カリキュラムは実践的で充実した内容です。プログラミングの基礎を個別で学んだ後、チーム開発を行い、最後に個人開発を行います。チーム開発ではプログラミングだけでなく、自分たちで必要な機能を考え、設計も行うので幅広いスキルが身に付けられます。

 

就職支援では、書類選考の通った企業のみ紹介されます。自分で応募する企業を選べないデメリットがありますが、面接から選考を受けられることになるので、書類選考免除と同じ感覚で選考に臨めるメリットもあります。

 

スクール・コース名 DMM WEBCAMP
受講スタイル 通学(個別・チーム学習)
[教室解放時間:11時~22時]
言語など Ruby/Rails(Ruby on Rails)
スクールの場所 東京(渋谷、新宿)、大阪
公式サイト DMM WEBCAMP

 

公式サイトはこちら
DMM WEBCAMP

 

 

TECH::EXPERT

平日のコース(短期集中コース)だけでなく、夜間・土日コースもあるので、アルバイトなどを続けながらスキルをつけて就職したい方にも利用しやすいプログラミングスクールです。

短期集中コースは10週間(約2か月半)、夜間・土日コースは半年間の学習期間になります。

 

カリキュラムは実践を意識し、個人開発だけでなく、チーム開発・ペアプログラミングなども用意されています。

 

就職支援では、個別の企業紹介の他に、TECH::EXPERTの運営会社が限定で開催する就活イベントにも参加できます

 

就職成功率は98%以上
(※2019年1月時点)

 

自分のパソコンを持ち込むスタイルで、使用できるパソコンはMac限定です。Macをもっていない方は有料で貸し出してもらうことができます。

 

スクール・コース名 テックキャンプ(TECH CAMP)
エンジニア転職(旧 TECH::EXPERT)
受講スタイル 通学(個別・オンライン)
[教室利用時間:平日10時~22時、休日11時~22時]
※受講期間(スタイル)により利用可能時間が変わります
言語など Ruby/Rails(Ruby on Rails)
スクールの場所 東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡
公式サイト テックキャンプ

 

公式サイトはこちら
テックキャンプ

 

プログラマカレッジ

無料のプログラミングスクールです。受講できるのは、東京の教室に通える29歳までの方です。

転職成功率は、96.2%

 

個別研修コース、平日5日コース、週3夜間コースの3つがあります。

学習期間は個別研修コースが40時間(約1ヶ月)、平日5日コースが420時間(約2か月半)、週3夜間コースが200時間(約2か月半)です。

 

カリキュラムには、チーム開発も含まれていて設計なども少し経験できるようです。

講座が目指すレベルが、「渡された仕様書に基づいてコードを書けること」なので、自分で考えてアプリを作れるようになりたい人には物足りないかもしれません。

 

途中退会してもペナルティはないので、安心して利用できます。

 

スクール・コース名 プログラマカレッジ
(個別研修コース、平日5日コース、週3夜間コース)
受講スタイル 通学(個別・チーム学習)
料金 無料
受講条件:東京の教室に通える29歳までの方
途中退会によるペナルティなし
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,PHP,Java
受講期間 個別研修コース:40時間(約1ヶ月)、平日5日コース:420時間(約2ヶ月半)、
週3夜間コース:200時間(約2ヶ月半)
講師陣 現場経験豊富な講師
就職支援の有無・内容 求人の紹介、職務経歴書、面接対策(ビジネスマナー研修含む)、
自己PRサポート
就職・転職保証の有無・内容
スクールの場所 東京

 

公式サイトはこちら
【完全無料プログラミング研修&就活塾】

 

 

TechAcademy エンジニア転職保証コース

オンライン形式のプログラミングスクールです。

 

今回は、Javaの言語を学ぶエンジニア転職保証コースを紹介しますが、この他にもPHP/Laravelコース、Webアプリケーションコース、iPhoneアプリコースなどプログラミングだけで19コースもあり、すべてのコースに転職サポートが付いています。(エンジニア転職保証コース以外は、転職保証はついていません。

 

カリキュラムは、最初の6週間でJavaの基礎を学びながらWebアプリケーション開発、その後の4週間(7週~10週目)で最初に開発したWebアプリケーションの拡張機能を自分で考えて開発という流れになっています。

 

拡張機能学習の期間は、現役エンジニアのパーソナルメンターが1名つき、学習をサポートしてくれます。

 

質問はチャットでの対応になり、基礎学習期間は毎日15時~23時の間ですぐに、拡張機能学習の期間は24時間以内に回答になります。

チャットの対応時間を考えると、学習時間が夜が多いという方に向いているように思います。

 

就職支援には、求人紹介が含まれていませんが、TechAcademyが運営する「TechAcademyキャリア」という転職サポートに登録し、登録したスキルをみた企業担当者やコンサルタントと呼ばれる人からスカウトをもらうという形で求人の紹介があるようです。

※転職成功率は公開されていませんでした。

 

スクール・コース名 テックアカデミー(TechAcademy)
エンジニア転職保証コース
受講スタイル オンライン
言語など Java
スクールの場所 (オンライン)
公式サイト TechAcademy

 

公式サイトはこちら
TechAcademy

 

 

コメント