プログラミングスクールは無駄?行くか止めるか見極めるポイント

時間とお金 IT・プログラミングスキル

プログラミングスクールに行って、本当に意味があるのでしょうか?無駄だという人もいて不安になりますよね。

 

高いお金や時間をかけてまで行く価値があるのか、迷っている方も多いと思います。

 

無駄だと言われる理由にも、確かに納得できるところはあります。

無駄だと言われる理由、プログラミングスクールに自分が行って無駄にならないのかを見極めるポイントと、無駄にしないためのスクールの選び方を紹介します。

 

プログラミングスクールが無駄と言われるのは何故?

「プログラミングスクールなんて、行っても無駄」と言われるのは、なぜでしょう?

よく聞く、無駄だと言われる理由をチェックしていきたいと思います。

 

プログラミングは独学で十分学べる

プログラミングは独学でも学べるから、わざわざ高い授業料を出して学びに行く必要はない

 

プログラミング関連の情報は、本やネットにあふれています。

本やネットの情報を理解することができれば、プログラミングスクールに行かなくてもプログラミングのスキルをつけることはできます。

 

とくに、

  • パソコンが好きな人
  • モノづくりが好きな人
  • 学校の授業などでプログラミングにふれたことがある人
  • プログラマの知人がいる人

は、独学でもプログラミングスクールで教わるレベルは身につけることができるでしょう。

 

プログラミングスクールの授業内容はレベルが低い

プログラミングスクールの授業内容は、レベルが低くて得られるものがない

 

  • カリキュラムの内容が薄い
  • 講師の質が低い(アルバイトの場合もある)

が理由として挙げられることが多いです。

 

こういった理由を上げるのは、次のような人が多い印象です。

  • 独学で少し学んだことがある人
  • プログラミングスクールへの期待が大きすぎた人
  • プログラミングスクールの選び方を間違えてしまった人

 

カリキュラムは、まったく知識のない人を想定して組まれていることが多いので、授業の始めの頃は簡単に思える内容も多いです。教える内容が簡単なので、あまり知識のない講師が担当している場合もあります。

独学で少し学んだことがある人には、物足りなさを感じることもあるでしょう。

 

また、講座によって目指すレベルが違い、それによってカリキュラムもかわります。カリキュラムをよく確認せずに安さだけで選んでしまうとレベルが低いと感じやすいです。

 

行っただけではプログラミングができるようにならない

プログラミングスクールに行っただけでは、プログラミングができるようにならない

「プログラミングスクールに行けばなんとかなる、と思っていると無駄になりやすい」という言い方をする人もします。

 

いやいや、プログラミングスクールにさえ行けば、プログラミングができるようになると思っているから行きたいのに、それではダメだと言われても・・・と思いませんか?

 

この理由の意味するところは、「テキストをなぞることはできても、テキストに載っていない機能を作ろうと思ったときに、どのようなコードを書けばいいのかイメージできない」ということだと思います。

 

これは、自分の学び方を少し変えることで防ぐことができます。

  • テキストの1文、1文の意味を確かめながら、コードを理解していく
  • テキスト以外に自分で機能を作ってみる
 

テキストのコードを、ただ入力して動かしていくだけだと理解できた感覚が得られません。

「なぜここで、このコードを書く必要があるんだろう?」と意味を確かめながらテキストのコードを写していくと理解が深まります。

 

また、スクールに通っている間に、身近にある簡単な機能を作ってみるのもおすすめです。

例えば、会員登録やログインの機能。テキスト以外の機能を作ってみることで、理解しているつもりで理解できていなかったところが分かります。

そこを復習したり、講師の方に聞きなおしたりすることで、しっかり理解できるようになります。

 

プログラミングスクールに行かなくても就職できる

ITエンジニアは人手不足で、未経験者でも雇ってもらえる求人がたくさんあるから、プログラミングスクールに通わなくても就職できる。だから行く必要はない(無駄)

プログラマやWebエンジニアとして就職するためにプログラミングを学ぼうとするときに、よく言われます。

 

確かにプログラミングスクールに行かなくても就職できると思います。とくに20代前半の方なら。

 

ただ何も勉強していない人よりも、プログラミングスクールに行って勉強している人のほうが、就活の時にやる気や適性などアピールできることが増えて、選考が通りやすいだろうなと思います。

 

数か月程度では就職に有利になるスキルなんてつかない

プログラミングスクールは、数ヶ月程度の講座が多いです。

数ヶ月程度では就職に有利になるスキルなんてつかない

 

就職に有利になるスキルのレベルって、どのレベルでしょう?

 

未経験者なら就職で有利になるレベルは、プログラミングの基礎が分かっているので、すぐにコードを書くことができる』です

1から教育しなくてもすぐにコードが書ける分、まったくの未経験者よりは有利だと言えます。

 

就職してから社員研修や外部の講座を受けさせてもらえばいいから、プログラミングスクールに行く必要はないという意見もありますが、それは就職先によると思います。

 

大手企業の新卒採用であれば、社員研修でプログラミングを教えてもらえるでしょう。

中途採用の場合は、職場の先輩社員が仕事の合間に教えてくれるというケースが多いのではないでしょうか?

 

私の会社は先輩社員が教えます、講習はありません。

以前、まったくの未経験の方を採用したことがあったのですが、プログラミングスクールに通ってから就職した方のほうが基礎が出来ている分、早く仕事を任せられることもあり、いまではプログラミングスクールに通っている方を優先して採用しています。

 

 

プログラミングスクールが無駄になるか見極めるポイント

無駄になる人、ならない人の違い

プログラミングスクールなんて無駄という理由をみると、次のような人は無駄になりそうです。

  • 独学で学べる人
  • 就職できる人(就職が目的なら)
  • 勉強方法が、テキストをただなぞるだけの人

 

ですが、独学で学べる人でも、就職できるような人でも、プログラミングスクールに行ってよかった(無駄じゃなかった)と感じている人は、たくさんいます

 

プログラミングスクールに行くことが無駄にならない人は、

  • プログラミングスクールに行くことに納得できている
  • 最後まで通いきる覚悟ができいている人

だったりします。

 

例えば、独学でもプログラミングできるようになる、就職できると思っているけれど、

  • プログラミングスクールのほうが分からないことをすぐに聞けて、自分で調べるより時間が節約できる
  • 講師や一緒に学ぶ仲間がいることで、一人で勉強するより楽しい(挫折しにくい
  • 一人で準備するのが面倒なツールや環境が体験できる
  • 実際の仕事のリアルな情報を得られる
  • プログラミングスクールの信用がある分、選考がとおりやすい

など、プログラミングスクールに行くメリットを自覚している納得している人は無駄になりにくいです。

 

また、プログラミングスクールが無駄だという人は、途中で止めてしまっている人が多いです。
最後まで通っていたら得られるものがあった(無駄じゃなかった)かもしれないのにもったいない。

 

見極めるポイント

自分がプログラミングスクールに通って無駄にならないかどうかは、次のポイントをチェックして判断してみましょう。

 

  • プログラミングスクールに行く理由(メリット)がはっきりしているか
  • 行きたいと思うプログラミングスクールがあるか
  • たとえ無駄だったとしても最後まで通う覚悟があるか
  • 他の予定(アルバイトや遊びの誘い)を断ってでも、学ぶ覚悟ができているか
  • もっと安くて、手軽な方法があるんじゃないかと思っていないか
 

特に、プログラミングスクールより「もっと安くて、手軽な方法があるんじゃないか(独学でも学べる、就職できるのではと)」とよぎる方は、1ヶ月程度でもいいので独学で勉強してみる、就活してみることをおすすめします。

そのうえで、やっぱりプログラミングスクールにいったほうがいいなと思えてから申し込むようにしましょう。そのほうが無駄になりません。

 

無駄にしないためのコツ

覚悟をきめてプログラミングスクールに行ってみても、講座を受けているなかで「やっぱり無駄かも」と思うことがあるかもしれません。

 

無駄にする人は、プログラミングスクールに行くことを止めてしまいます。

 

無駄にしない人は、「やっぱり無駄かも」と感じたときの行動が違います

  • レベルが低いと感じたら、さっさと課題を終わらせてもっと上の勉強をして、信頼できる講師や自分よりできる仲間にどんどん質問していきます。
  • 授業についていけないと感じたら、質問する講師を変えたり、分からない点を具体的にして質問の仕方を変えて、分かるまで粘ります。
  • 思ったように就活が上手くいかないなら、どのような理由で落ちてしまったのか、自己PRや志望動機などをどのように見直せばいいのかアドバイザーに相談します。

 

無駄にしないための行動がとれるかどうかが、一番大事なんです。

 

プログラミングスクールの選び方

 

無駄にしないためには次のようなポイントを押さえて、プログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

 
  • プログラミングスクールに行く理由(メリット)に合っている
  • 最後まで続けられる、学習しやすいスタイルになっている
 

プログラミングスクールを選ぶとき、自分にあった学習スタイル(受講形式)であることも、途中で止めないために大切なポイントです。

 

オンライン形式のほうが通学がなく、好きな時間に出来て手軽に思えますが、通学形式のほうが分からないことをすぐに聞けて、うまく言葉にできないことも画面などを見せながら話せるので聞きやすい、仲間もできて続けやすいという方もいます。

 

また、プログラミングスクールが無駄だと言われる理由とは関係なく、

  • お金が無駄になるのが不安
  • 時間が無駄になるのが不安
  • 就職できるのか不安

という方も多いですよね。

 

それぞれの不安別に、プログラミングスクールをいくつか紹介していきます。特徴も一緒に紹介していくので、自分が求めるメリットがあるかどうかもチェックしてみてください。

就職目的でプログラミングスクールに通う方が多いと思うので、紹介するプログラミングスクールは、就職支援が付いているところを選んでいます。

 

お金が無駄になるのが不安な人向け

お金が無駄になる不安が強い方は、無料で受けられるプログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

 

プログラマカレッジ

プログラマカレッジは、無料で受けられる就職支援付きプログラミングスクールです。

※就職したい20代限定のプログラミングスクールです。転職成功率は、96.2%!

 

夜間コースがあるので、在職中の人、生活のために日中のアルバイトを辞められないという方にも利用しやすいと思います。

 

カリキュラムには、チーム開発も含まれていて設計なども少し経験できるようです。

講座が目指すレベルが、「渡された仕様書に基づいてコードを書けること」なので、自分で考えてアプリを作れるようになりたい人には物足りないかもしれません。

 

スクール・コース名 プログラマカレッジ
(個別研修コース、平日5日コース、週3夜間コース)
受講スタイル 通学(個別・チーム学習)
料金 無料
受講条件:東京の教室に通える29歳までの方
途中退会によるペナルティなし
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,PHP,Java
受講期間 個別研修コース:40時間(約1ヶ月)、平日5日コース:420時間(約2ヶ月半)、
週3夜間コース:200時間(約2ヶ月半)
講師陣 現場経験豊富な講師
就職支援の有無・内容 求人の紹介、職務経歴書、面接対策(ビジネスマナー研修含む)、
自己PRサポート
就職・転職保証の有無・内容
スクールの場所 東京

 

公式サイトはこちら
【完全無料プログラミング研修&就活塾】

 

 

GEEK JOB 転職コース

GEEK JOBも無料で受けられる就職支援付きプログラミングスクールです。

※就職したい20代限定のプログラミングスクールです。転職成功率は、97.8%!

 

途中で退会したり、スクール以外から紹介された企業に就職した場合に違約金がかかるのがデメリットですが、「途中で止めたらお金を払わないといけないから、絶対に最後まで受講する!」という気持ちになる人にはいいと思います。

 

カリキュラムは、前半は基礎知識の習得、後半は個人開発になっています。

現役プログラマが講師を務めているので、現場のリアルな話しを聞けるメリットがあります。

 

スクール・コース名 GEEK JOB 転職コース
受講スタイル 通学(個別)
[10時~21時の中で通学時間を調整]
料金 無料
受講条件:東京の教室に通える20代の方
※次のような場合、違約金が請求されます。
・14日目以降の途中退会、
・終了日から30日以内の他社紹介企業への転職、
・終了後1ヶ月以内にでた内定の辞退
言語とカリキュラム PHP/Java/Ruby
受講期間 1ヶ月~3ヶ月(最短1ヶ月)
講師陣 現役プログラマ
就職支援の有無・内容 求人の紹介、職務経歴書作成、面接の練習(マナー研修含む)
就職・転職保証の有無・内容
スクールの場所 東京(四ツ谷、九段下)

 

公式サイトはこちら
GEEK JOB

 

時間が無駄になるのが不安な人向け

講師やカリキュラムのレベルが低いと感じて時間が無駄になる不安が強い方は、現役プログラマが講師を務めていたりオリジナルのカリキュラムを組んでもらえるようなプログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

 

TechAcademy エンジニア転職保証コース

オンライン形式のプログラミングスクールです。

 

今回は、Javaを学ぶエンジニア転職保証コースを紹介していますが、この他にもPHP/Laravelコース、Webアプリケーションコース、iPhoneアプリコースなどプログラミングだけで19コースもあり、すべての転職サポートが付いています。(エンジニア転職保証コース以外は、転職保証はついていません。)

 

カリキュラムは、最初の6週間でJavaの基礎を学びながらWebアプリケーション開発、その後の4週間(7週~10週目)で最初に開発したWebアプリケーションの拡張機能を自分で考えて開発という流れになっています。

 

拡張機能学習の期間は、現役エンジニアのパーソナルメンターが1名つき、学習をサポートしてくれます。

 

質問はチャットでの対応になり、基礎学習期間は毎日15時~23時の間ですぐに、拡張機能学習の期間は24時間以内に回答になります。

 

スクール・コース名 TechAcademy エンジニア転職保証コース
受講スタイル オンライン
[チャットサポート 基礎学習期間:15時~23時、拡張機能学習期間:24時間以内に回答]
料金 298,000円(税別)
言語とカリキュラム Java
受講期間 12週間(学習時間の目安:300時間)
講師陣 現役プログラマ
就職支援の有無・内容 スキル・適正・希望をもとにキャリアコンサルティング。
企業との面談調整、面談後フォロー。
(20代限定で自己分析、書類作成サポート、面接対策)
就職・転職保証の有無・内容
受講後6ヶ月以内に就職できなかった場合は全額返金
条件:受講開始時点で30歳以下、東京勤務、300時間以上の学習時間、すべての課題をクリア
スクールの場所

 

公式サイトはこちら
TechAcademy

 

侍エンジニア塾

オンライン形式で、カリキュラムはオーダーメイド現役エンジニアによるマンツーマンレッスンのプログラミングスクールです。

 

基本コース名が「デビュー」「フリーランス」「ビジネス」の3つありますが、就職・転職目的なら「デビュー」「フリーランス」のどちらかがいいでしょう。「デビュー」は学習期間が1ヶ月、「フリーランス」は3ヶ月です。

 

スクール・コース名 侍エンジニア塾
(デビューコース、フリーランスコース)
受講スタイル オンライン
[質問可能時間:8時~22時]
料金 デビュー:168,000円(税別)フリーランス:438,000円(税別)。
2019年10月から入会金:29,800円
言語とカリキュラム 完全オーダーメイドカリキュラム(Ruby,PHP,Python,Java,Wordpress,HTML,CSS,JavaScript)
デビュー:ホームページ作成や簡単なアプリ開発
フリーランス:サンプルアプリを制作し、効率よく実践的なスキルを習得
受講期間 デビュー:1ヶ月、フリーランス:3ヶ月
講師陣 現役エンジニア
就職支援の有無・内容 求人紹介、職務経歴書作成、面接対策、自己PR対策サポート
就職・転職保証の有無・内容
転職成功で授業料が返還さされる「特待生コース」あり
条件:22歳~28歳で首都圏通勤が可能
スクールの場所

 

公式サイトはこちら
侍エンジニア塾

 

就職できるのか不安な人向け

就職できるのか不安が強い方は、就職成功率が高いプログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

 

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、業界で初めて就職・転職保証を付けたプログラミングスクールです。30歳未満で講座終了後3ヶ月以内に就職できなかった場合は、授業料が全額返金されます。

 

就職成功率は98%!
(※2018年11月時点)

 

他のプログラミングスクールの就職・転職保証期間は「6か月以内」が多い中、DMM WEBCAMPは「3ヶ月以内」で高い就職成功率なので、短期に就職が決まっているのだろうという印象です。

 

カリキュラムは実践的で充実した内容です。プログラミングの基礎を個別で学んだ後、チーム開発を行い、最後に個人開発を行います。チーム開発ではプログラミングだけでなく、自分たちで必要な機能を考え、設計も行うので幅広いスキルが身に付けられます。

 

就職支援では、書類選考の通った企業のみ紹介されます。自分で応募する企業を選べないデメリットがありますが、面接から選考を受けられることになるので、書類選考免除と同じ感覚で選考に臨めるメリットもあります。

 

スクール・コース名 DMM WEBCAMP
受講スタイル 通学(個別・チーム学習)
[教室解放時間:11時~22時]
料金 628,000円(税別)
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,jQuery,Ruby,Rails(Ruby on Rails)
受講期間 3ヶ月間
講師陣 プロの講師
就職支援の有無・内容 求人の紹介、自己分析、職務経歴書作成、面接対策
就職・転職保証の有無・内容
受講後3ヶ月以内に就職できなかった場合は全額返金
条件:3ヶ月間のカリキュラム達成、30歳未満※30歳以上は要相談
スクールの場所 東京(渋谷)、大阪、(2019年11月に新宿校オープン)

 

公式サイトはこちら
DMM WEBCAMP

 

 

TECH::EXPERT

平日のコース(短期集中コース)だけでなく、夜間・土日コースもあるので、今の会社に勤めながらスキルをつけて転職したい方にも利用しやすいプログラミングスクールです。

短期集中コースは10週間(約2か月半)、夜間・土日コースは半年間の学習期間になります。

 

カリキュラムは実践を意識し、個人開発だけでなく、チーム開発・ペアプログラミングなども用意されています。

 

就職支援では、個別の企業紹介の他に、TECH::EXPERTの運営会社が限定で開催する就活イベントにも参加できます。

 

就職成功率は98%以上
(※2019年1月時点)

 

自分のパソコンを持ち込むスタイルで、使用できるパソコンはMac限定です。Macパソコンをもっていない方は有料で貸し出してもらうことができます。

 

スクール・コース名 TECH::EXPERT
(短期集中コース、夜間・土日コース)
受講スタイル 通学(個別・オンライン・チーム学習)
[教室利用時間:短期集中コースは9時~22時(9時~11時は平日のみ)、
夜間・土日コースは、平日19時~22時、土日11時~22時]
[質問可能時間:11時~22時(土日・夜間コースは平日はオンラインのみ)
料金 短期集中コース:598,000円(税別)土日・夜間コース:798,000円(税別)
※最初の14日間は無条件返金保証あり
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,Ruby,Rails(Ruby on Rails)
受講期間 短期集中コース:10週間、土日・夜間コース:半年
講師陣 専任講師
就職支援の有無・内容 企業の紹介や面接対策、履歴書の添削、キャリア形成など。
その他に限定就活イベントに参加可能
就職・転職保証の有無・内容
受講後6ヶ月以内に就職できなかった場合は全額返金
条件:講座の終了後に就職支援を受けた方
スクールの場所 東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡

 

公式サイトはこちら
TECH::EXPERT

 

この他のプログラミングスクールは、こちらの記事で紹介しています。

 

 

コメント