プログラミングスクールに行っても就職できない?スクール選びの注意点

IT・プログラミングスキル

プログラマ、Webエンジニアとして就職するために、プログラミングスクールでスキルを身に付けたい。

 

そう思っていたのに、「プログラミングスクールに行ったところで、そんな簡単に就職できないよ」なんて聞くと不安になりますよね。

 

たしかに、プログラミングスクールの選び方しだいでは、就職できないこともあります。

「プログラミングスクールに行ったのに就職できなかった」とならないためには、どのようにプログラミングスクールを選んだらいいのか、注意点などを紹介します。

 

就職に強いプログラミングスクールも紹介するので、選ぶときの参考にしてください。

 

プログラミングスクールに行っても就職できない理由

プログラミングスクールに行っても就職できないと言われるのは、なぜでしょう?

知識があっても、経験がないなら意味がない

「知識があっても、経験がないなら意味がない」

実際に仕事についているエンジニアの人から言われることが多い言葉です。

 

プログラミングスクールに通うより、

  • とにかくどこかの会社に入って経験を積むほうがいい
  • 自分で手を動かしてものを作ってみるほうがいい

という意味合いで言われます。

 

仕事では、知識をもとに実際に出来ることが必要なので、一理あります。

 

でも、いま仕事についてなく、自分で作るのも難しいからプログラミングスクールに通おうとしているのに・・・と思ってしまいますよね。

 

大事なのは経験」ってというところ。

未経験の方なら、『経験=知識をもとに実際にプログラミングをしたことがある』という状況を目指せばOK。

 

プログラミングスクールで学んで、自分でその知識をもとに実際に作ったという経験があれば、就職活動で十分アピールできます。

 

就職できるようなスキルが身につかない

「プログラミングスクールに行ったところで、就職できるようなレベルのスキルはつかない」
これも、よく言われます。

 

就職できるレベルって、どのくらいでしょう?

 

現場で即戦力として活躍できる(任された機能を、一人でさくっと作ることができる)レベルをイメージしがちですが、これは無理です。経験者でも、任される機能の難易度によっては難しい。

 

未経験者であれば、『先輩社員から「この機能を作ってみて」と言われて、どんなコードを書けばいいのかイメージができ、実際に書き始められる』レベルだと思います。

 

コードを書いている中で分からないこと、上手く動かないことが出てきたら、自分で調べて解決できる、もしくは調べたことをもとに相談できるレベルまでいければ、すばらしい。

 

未経験で採用された新卒者が、現場に配属される前に新人研修で学ぶのがこのレベルだからです。

 

中途採用では新人研修はなく、現場に配属されるところがスタートになります。なのでプログラミングスクールで学ぶレベル(内容)が、新人研修で学ぶレベルであれば、就職できるレベルが身につくといえるでしょう。

 

希望するような内容の仕事(職種)に就けない

プログラミングスクールで学んだけれど、就職に失敗した人からよく聞くのが、
「就職はできたけれど、希望する仕事(職種)には就けなかった。」

 

就きたい仕事に必要なスキルが学べるプログラミングスクールを選んでいなかったり、希望する企業のレベルが高すぎる(大手企業や、技術力が相当高くないと経験者でも難しい企業を目指している)方によくあります。

 

自分がどんな仕事に就きたいのか、未経験者で目指せる仕事(会社)なのかなどを、しっかり考えてからプログラミングスクールを選ぶことで、希望と現実のギャップを小さくすることができます。

 

プログラミングスクールに行っても途中で挫折してしまう

せっかくプログラミングスクールに通い始めたのに、途中で挫折してしまい就職できなかった。
こういう方、そこそこいます。

 

  • ITエンジニアは求人が多いから
  • 他の仕事より給料がいいから
  • 数年働けばフリーランスになって自由な働き方ができるから

という理由で、自分に合っている(適性)仕事かどうかよく考えずにエンジニアを目指したというパターンと。

 

エンジニアの適性はあったけれど、受講スタイル(通学・オンライン)などが合わず、挫折してしまうパターンがあります。

 

  • 本当にエンジニアになりたいのか?
  • 最後まで続けられるのか?

しっかりを考えてから、プログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

 

失敗しないためのプログラミングスクールの選び方・注意点

 

プログラミングスクールに行っても就職できなかったということにならないために、どのようにプログラミングスクールを選べばいいでしょう。

先ほど紹介した就職できないと言われる理由をふまえつつ、選ぶポイントや注意点を紹介していきます。

 

カリキュラムの選び方

プログラミングスクールのカリキュラムを調べてみると、内容はさまざまです。

  • テキストを見ながら構文を学ぶだけ(テキストを写すだけ)
  • 学んだ内容を活かし自分でアプリケーションを作ってみる
  • 複数人でチームを組んで1つのアプリケーションを作ってみる

 

『経験=知識をもとに実際にプログラミングをしたことがある』

『先輩社員から「この機能を作ってみて」と言われて、どんなコードを書けばいいのかイメージができ、実際に書き始められる』

を目指すのであれば、構文を学ぶだけのカリキュラムではダメです。

 

学んだ内容を活かして自分でアプリケーションを作ってみる」ことが含まれているプログラミングスクールがいいでしょう。

 

プログラミングスクールで学んでから入社した方に、カリキュラムで一番よかったものを聞いたところ、「チーム開発」と答える人がけっこういます。
仕事ではチームを組んで1つのアプリを作ることのほうが多いので、他の開発者とのコミュニケーションの取り方、開発の進め方を経験できる「チーム開発」は、実際の仕事でも役立つようです。

 

学ぶプログラム言語の選び方

プログラマやWebエンジニアを目指している方がプログラミングスクールを選ぶとき、まず悩むのが「どのプログラム言語を学ぶのか」ですよね。

 

Ruby・Rails(Ruby on Rails)JavaPHPを教えているプログラミングスクールが多いです。

Ruby・Rails(Ruby on Rails)、Java、PHPは、Webアプリケーションを作るときによく利用されているプログラミング言語です。

Ruby(Ruby on Rails)は、学びやすい言語と言われています。クックパッドや価格.com、食べログなどのサービスで利用されていることが有名です。

Javaは安定性と信頼性が高いアプリケーションを作ることができるので、大規模サービスの開発に利用されることが多いです。例えば、楽天やTwitterなどはJavaで作られています。

PHPは比較的簡単にWebアプリケーションを作ることができるので人気がでました。例えば、Facebookのサービスは最初のころPHPで作られていましたし、このブログもPHPで作られています。

 

PHPは簡単にアプリケーションがつくれることもあり採用している企業が多い(求人数も多い)言語です。

 

Ruby・Rails(Ruby on Rails)、Javaは、プログラミングする(コードを書く)ときにPHPと比べると手順や考慮することが多い分習得が難しい言語です。

 

どの言語を選ぶかは、

  • どのようなエンジニアになりたいのか
  • 最後まで受講できるか(学ぶ難易度)

の2つによって決めるのがいいと思います。

 

  • プログラマとして就職できればいい
  • 将来フリーランスを目指しているから仕事(案件)が多い言語がいい
  • 途中で挫折してしまう不安があるから簡単に学べる言語がいい

という方は、PHP

 

  • ゆくゆくは大規模なアプリケーションを作ってみたい
  • 経験を積んでSEITコンサルタントを目指したい

という方は、Ruby・Rails(Ruby on Rails)Javaを学んでおくといいでしょう。

 

プログラマやWebエンジニアを目指しているなら、必ず言語カリキュラムを確認しましょう

プログラミングスクールの中には、インフラエンジニアを目指す人向けのスクール(コース)もあります。学ぶスキルが違いますし、就ける仕事内容(職種)も違います。

体験談や口コミを見ていると、カリキュラムや言語をよく確認せずにインフラエンジニア向けのスクールに入ってしまい、希望していたプログラマ・Webエンジニアの職に就けなかったという方をときどき見かけます。

 

受講スタイルの選び方

学ぶ

 

受講スタイルには、

  • 教室に通う「通学形式」
  • 自宅で学べる「オンライン形式」

があります。

(通学形式の場合は、オンラインのサポートも付いているスクールもあります。)

 

オンライン形式のほうが通学時間がなく手軽で続けられそうに思えますが、途中でやめてしまう(挫折する)人が多いと言われています。

 

通学形式はプログラミングスクールに行く手間がかかりますが、仲間ができたり、勉強以外の誘惑(ネットやゲームなど)がない分、続けられる人が多いようです。

 

オンライン形式でも続けられる人も、もちろんいます。

学習の進捗具合をサポートするメンターという人をつけるなど、最後まで続けられる工夫をしているオンライン形式のプログラミングスクールも増えています。

 

手軽さではなく、自分が『最後まで続けられる』受講スタイルのプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

 

受講料の判断の仕方

プログラミングスクールを選ぶときに気になるのが、受講料ですよね。

最近では無料で受けられるプログラミングスクールも出てきています。

 

無料と有料ではカリキュラムの内容に違いがあり、就ける仕事のレベル感や紹介される求人企業の質が違う場合があります。

 

とりあえず先輩社員からの指示どおりにプログラミングが書けるレベルを目指すというスクールもあれば、プログラムの書き方だけでなく、設計なども経験でき、自分で考える力・調べる力をつけることを目指すというスクールもあります。

 

無料のプログラミングスクールには、利用条件が決められていたり、途中退会や内定辞退などで違約金が発生するところがあるので、申し込む場合は利用規約をよく確認してください。

 

有料のプログラミングスクールでも、受講スタイル、カリキュラムの内容・期間によって金額が変わります。

単純に金額を比べるのではなく、自分が目指すレベルのスキルが学べるのか確認してから判断するようにしましょう。

 

無料のプログラミングスクールだからレベルが低く、サポート内容が薄いとは一概にいえませんが、有料のスクールを選んだ方に理由を聞くと、お金を払っている分、受講生のやる気・スクール側の本気度が高く、学ぶ環境としていい刺激になると感じたからという方が多かったです。

 

就職に強いプログラムスクールの選び方

就職支援付きプログラミングスクールがおすすめ

最近増えてきているのが、就職支援が付いたプログラミングスクール(コース)です。

 

普通のプログラミングスクールは、プログラムの書き方を教えるだけですが、就職支援付きプログラミングスクールはプログラミングの講座だけでなく、就職支援(求人の紹介や、職務経歴書・面接対策など)もしてもらえます。

 

カリキュラムの内容も、就職したあとの実践を意識して組まれているので、充実しています。

普通のプログラミングスクールは1つの言語だけ(RubyコースならRubyだけ)を学ぶカリキュラムになっていることが多いですが、就職支援付きプログラミングスクールでは、Webのアプリケーションを作る仕事に必要な言語(HTML、CSS、Ruby、DB、SQLなど)を一通り学べるようにカリキュラムが組まれています

 

現場で使われることが多いツールを体験できたり、講座の中で作ったものを就活のときアピール(ポートフォリオと呼ばれます)できたりもします。

 

就職できることに力を入れているスクールなので、期間内に就職できなければ授業料が返還される就職・転職保証が付いていたり、就職・転職成功率が90%以上のプログラミングスクールもあります

 

就職するためにプログラミングスクールに通うなら、就職支援付きのプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

 

就職支援付きプログラミングスクールには、年齢・地域などの利用条件がある場合があります。申し込む場合は、条件の有無をよく確認してください。

 

卒業生の就職先を確認する

就職支援付きプログラミングスクールを選ぶときには、卒業生の就職先も確認するようにしましょう。

 

プログラマとして就職したいのに、紹介される求人はヘルプデスクや運用監視などの仕事が多かったり、採用された企業で働くのではなく他の会社に派遣されるような会社の求人ばかりの紹介されるところもあるようなので。

 

就職支援付きのプログラミングスクールを運営している会社は、転職エージェントの事業を手掛けている場合が多いです。

求人企業や提携企業として大手企業の名前があっても、経験者の転職実績があるだけで、スクールの卒業生は入社していない場合もあります。

 

卒業生の体験談が載っていればそこで、のっていない場合は無料の相談会などでチェックするようにしましょう。

 

就職に強いプログラミングスクール

 

紹介する就職支援付きプログラミングスクールは、できるだけ次の条件を満たしているところを選んでいます。

  • 実践(就職)を意識したカリキュラム
  • 就職成功率が90%以上
  • 就職支援で求人の紹介がある
  • 無料で受講できる場合は、ペナルティがない
 

オンライン形式のプログラミングスクールでは、就職成功率を公開していないところが多く、条件に当てはまるのスクールは通学形式のみでした。

スクールがない地域の方でも利用できるように、条件にできるだけ近いオンラインスクールも併せて紹介しています。

 

就職支援や就職・転職保証は、20代限定にしているプログラミングスクールが多いので、30代の方は利用条件をよく確認するようにしてください。

 

DMM WEBCAMP

業界で初めて就職・転職保証を付けたプログラミングスクールです。30歳未満で講座終了後3ヶ月以内に就職できなかった場合は、授業料が全額返金されます。

 

他のプログラミングスクールの就職・転職保証期間は「6か月以内」が多い中、DMM WEBCAMPは「3ヶ月以内」で高い就職成功率なので、短期に就職が決まっているのだろうという印象です。

 

就職成功率は98%です!
(※2018年11月時点)

 

カリキュラムは実践的で充実した内容です。プログラミングの基礎を個別で学んだ後、チーム開発を行い、最後に個人開発を行います。チーム開発ではプログラミングだけでなく、自分たちで必要な機能を考え、設計も行うので幅広いスキルが身に付けられます。

 

就職支援では、書類選考の通った企業のみ紹介されます。自分で応募する企業を選べないデメリットがありますが、面接から選考を受けられることになるので、書類選考免除と同じ感覚で選考に臨めるメリットもあります。

 

スクール・コース名 DMM WEBCAMP
受講スタイル 通学(個別・チーム学習)
[教室解放時間:11時~22時]
料金 628,000円(税別)
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,jQuery,Ruby,Rails(Ruby on Rails)
受講期間 3ヶ月間
講師陣 プロの講師
就職支援の有無・内容 求人の紹介、自己分析、職務経歴書作成、面接対策
就職・転職保証の有無・内容
受講後3ヶ月以内に就職できなかった場合は全額返金
条件:3ヶ月間のカリキュラム達成、30歳未満※30歳以上は要相談
スクールの場所 東京(渋谷)、大阪、(2019年11月に新宿校オープン)

 

公式サイトはこちら
DMM WEBCAMP

 

 

TECH::EXPERT

平日のコース(短期集中コース)だけでなく、夜間・土日コースもあるので、アルバイトなどを続けながらスキルをつけて就職したい方にも利用しやすいプログラミングスクールです。

短期集中コースは10週間(約2か月半)、夜間・土日コースは半年間の学習期間になります。

 

カリキュラムは実践を意識し、個人開発だけでなく、チーム開発・ペアプログラミングなども用意されています。

 

就職支援では、個別の企業紹介の他に、TECH::EXPERTの運営会社が限定で開催する就活イベントにも参加できます

 

就職成功率は98%以上
(※2019年1月時点)

 

自分のパソコンを持ち込むスタイルで、使用できるパソコンはMac限定です。Macをもっていない方は有料で貸し出してもらうことができます。

 

スクール・コース名 TECH::EXPERT
(短期集中コース、夜間・土日コース)
受講スタイル 通学(個別・オンライン・チーム学習)
[教室利用時間:短期集中コースは9時~22時(9時~11時は平日のみ)、
夜間・土日コースは、平日19時~22時、土日11時~22時]
[質問可能時間:11時~22時(土日・夜間コースは平日はオンラインのみ)
料金 短期集中コース:598,000円(税別)土日・夜間コース:798,000円(税別)
※最初の14日間は無条件返金保証あり
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,Ruby,Rails(Ruby on Rails)
受講期間 短期集中コース:10週間、土日・夜間コース:半年
講師陣 専任講師
就職支援の有無・内容 企業の紹介や面接対策、履歴書の添削、キャリア形成など。
その他に限定就活イベントに参加可能
就職・転職保証の有無・内容
受講後6ヶ月以内に就職できなかった場合は全額返金
条件:講座の終了後に就職支援を受けた方
スクールの場所 東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡

 

公式サイトはこちら
TECH::EXPERT

 

プログラマカレッジ

無料のプログラミングスクールです。受講できるのは、東京の教室に通える29歳までの方です。

転職成功率は、96.2%

 

個別研修コース、平日5日コース、週3夜間コースの3つがあります。

学習期間は個別研修コースが40時間(約1ヶ月)、平日5日コースが420時間(約2か月半)、週3夜間コースが200時間(約2か月半)です。

 

カリキュラムには、チーム開発も含まれていて設計なども少し経験できるようです。

講座が目指すレベルが、「渡された仕様書に基づいてコードを書けること」なので、自分で考えてアプリを作れるようになりたい人には物足りないかもしれません。

 

途中退会してもペナルティはないので、安心して利用できます。

 

スクール・コース名 プログラマカレッジ
(個別研修コース、平日5日コース、週3夜間コース)
受講スタイル 通学(個別・チーム学習)
料金 無料
受講条件:東京の教室に通える29歳までの方
途中退会によるペナルティなし
言語とカリキュラム HTML,CSS,JavaScript,PHP,Java
受講期間 個別研修コース:40時間(約1ヶ月)、平日5日コース:420時間(約2ヶ月半)、
週3夜間コース:200時間(約2ヶ月半)
講師陣 現場経験豊富な講師
就職支援の有無・内容 求人の紹介、職務経歴書、面接対策(ビジネスマナー研修含む)、
自己PRサポート
就職・転職保証の有無・内容
スクールの場所 東京

 

公式サイトはこちら
【完全無料プログラミング研修&就活塾】

 

 

TechAcademy エンジニア転職保証コース

オンライン形式のプログラミングスクールです。

 

今回は、Javaの言語を学ぶエンジニア転職保証コースを紹介しますが、この他にもPHP/Laravelコース、Webアプリケーションコース、iPhoneアプリコースなどプログラミングだけで19コースもあり、すべてのコースに転職サポートが付いています。(エンジニア転職保証コース以外は、転職保証はついていません。

 

カリキュラムは、最初の6週間でJavaの基礎を学びながらWebアプリケーション開発、その後の4週間(7週~10週目)で最初に開発したWebアプリケーションの拡張機能を自分で考えて開発という流れになっています。

 

拡張機能学習の期間は、現役エンジニアのパーソナルメンターが1名つき、学習をサポートしてくれます。

 

質問はチャットでの対応になり、基礎学習期間は毎日15時~23時の間ですぐに、拡張機能学習の期間は24時間以内に回答になります。

チャットの対応時間を考えると、学習時間が夜が多いという方に向いているように思います。

 

就職支援には、求人紹介が含まれていませんが、TechAcademyが運営する「TechAcademyキャリア」という転職サポートに登録し、登録したスキルをみた企業担当者やコンサルタントと呼ばれる人からスカウトをもらうという形で求人の紹介があるようです。

※転職成功率は公開されていませんでした。

 

スクール・コース名 TechAcademy エンジニア転職保証コース
受講スタイル オンライン
[チャットサポート 基礎学習期間:15時~23時、拡張機能学習期間:24時間以内に回答]
料金 298,000円(税別)
言語とカリキュラム Java
受講期間 12週間(学習時間の目安:300時間)
講師陣 現役プログラマ
就職支援の有無・内容 スキル・適正・希望をもとにキャリアコンサルティング。
企業との面談調整、面談後フォロー。
(20代限定で自己分析、書類作成サポート、面接対策)
就職・転職保証の有無・内容
受講後6ヶ月以内に就職できなかった場合は全額返金
条件:受講開始時点で30歳以下、東京勤務、300時間以上の学習時間、すべての課題をクリア
スクールの場所

 

公式サイトはこちら
TechAcademy

 

この他の就職支援付きプログラミングスクールは、こちらで紹介しているので参考にしてください。

 

コメント