Rubyを独学で効率的&着実に学ぶ勉強方法を紹介、初心者でも大丈夫!

ITスキル(プログラミングスクール)
  • 「Rubyって、まったくの初心者でも独学で学べるの?」
  • 「学べるとしたら、どのくらいの時間がかかるの?」
  • 「効率的な勉強方法はある?」

と疑問に思っているプログラミング初心者の方向けに、Rubyの基礎を習得するための

  • 着実にスキルがつく効率的な勉強方法
  • 独学に役立つ学習サイトや本
  • 学習時間の目安
  • 途中で挫折しないためのコツ

などを紹介していきます。

 

Rubyに限らずプログラミング言語の勉強は、やり方を間違えると「時間をかけたのにプログラミングが出来るようにはならなかった」「途中で挫折してしまった」となりがちです。

 

初心者が最低限学ぶべきことを、効率よく確実に身に付けられる方法で勉強していきましょう。

 

Rubyを学びたいと思っている初心者の方の中には、エンジニアとして就職・転職することを目指している方も多いですよね。

独学で学んだスキルを、就職・転職につなげるためのコツも紹介するので、参考にしてくださいね。

 

Rubyの特徴と作れるようになるものはこれ!

プログラミング言語

具体的な勉強方法を紹介するまえに、Rubyの特徴や身に付けることで作れるようになるものを簡単に説明したいと思います。

Rubyを学ぶことで、ご自身が作れるようになりたいシステム(サービスやアプリ)が出来るのか、チェックしてくださいね。

そもそもRubyとは?

Ruby(ルビー)は、日本人のまつもとゆきひろさんによって生み出されたプログラミング言語です。

 

色々なプログラミング言語を参考に、エンジニアであるまつもとさんが「楽しく」「ラク」にプログラミングできる言語を目指して作ったそうで、次のような特徴があります。

  • コードがシンプルで分かりやすい
  • 少ないコードでシステムを作れる
  • オブジェクト指向のスクリプト言語
 
オブジェクト指向とは、プログラミングするときの考え方の一つです。チーム開発に向いていて(分担しやすい)、サービスの変更や修正がしやすいという特徴があります。

 

Rubyは、コードがシンプルなので1つのサービスを作り上げるまでの時間が少なくてすみ、サービスの追加や変更もしやすいプログラミング言語です。

そのため、スピード感をもって新しいサービスをしていきたいネットベンチャー企業などの開発言語として人気がでました。

 

Rubyを学ぶなら知っておきたいRuby on Rails

Rubyが人気となった理由の一つにRuby on Rails(ルビー オン レイルズ)の存在があります。
せっかくRubyを学ぶなら、Ruby on Railsも学んでほしいので、簡単に説明しておきますね。

Ruby on Railsは、Rubyのフレームワークの1つです。

フレームワークとはシステム開発を手助けしてくれる骨組みのようなものです。開発の際に必要になるであろう機能や仕組みがあらかじめ用意されているので、システム開発が効率よく行えるようになります。

 

Ruby on Railsを使うとWebアプリケーションの開発が簡単に早く行うことでき、使い勝手もとてもいいので、Web系のサービスを提供する会社の多くでRubyと一緒に利用されています。

 

Rubyで作れるもの

Rubyを学ぶことで、どのようなシステム(サービス)を作れるようになるのか、気になりますよね。

Rubyは、幅広く色々な分野のシステムが作れるプログラミング言語です。

 

例えば、企業向けの業務システム(Webで利用できる売上・営業管理など)はもちろん、通販サイト(EC)やWebメディア、SNS、マッチングサイトなどのサービスも作ることができます。

有名なレシピサイトのクックパッドもRuby/Ruby on Rails で作られています。

 

また、スマホアプリや、チャットボット(自動で会話してくれるようなシステム)や、情報収集に利用されるクローラー機能などを作ることも不可能ではありません。

スマホアプリやAIなどもRubyで作ることはできますが、スマホアプリならJavaやSwift、AIならPythonのほうがむいています。

 

Rubyがプログラミング初心者におすすめの理由とは?

Rubyは、Web系のシステムエンジニアになりたいプログラミング初心者におすすめと言われています。

おすすめ理由は、こちらの3つ。

  • 文法がシンプルで、とても分かりやすい
  • 早く簡単にプログラムを作ることができる
  • 日本語の情報が豊富なので、独学でも挫折しにくい
 
詳しく説明していきますね。

理由1:文法がシンプルで、とても分かりやすい

Rubyの文法は、シンプルで分かりやすいんです。あるプログラムを実行するのに他の言語だと複数行記述しなければいけないところを、Rubyなら1行で済ませることができます。

 

例えば、プログラミングの定番「Hello World」を表示するコードをJavaとRubyで書いてみると、Javaが7行、Rubyは1行です。

 

Javaの場合

public class Hello
{
    public static void main( String[] args )
    {
        System.out.println(“Hello World”);
    }
}

 

Rubyの場合

puts “Hello World”

 

Rubyのほうが圧倒的にシンプルで分かりやすいですよね。

書き方がシンプルなので「どのようなプログラムなのか?」がひと目でわかりやすく、複雑さが少ないため独学でも学習がしやすいといえます。

 

理由2:早く簡単にプログラムを作ることができる

理由1で説明したように、Rubyは1つの処理をつくるのに必要なコードが少なくてすみます。たくさんコードを記述しなくてすむぶん、早く簡単に動くプログラムを作ることができます。

 

プログラミングを学びたいのはコードを書きたいからではなく、動くものを作りたいからですよね。自分で書いたコードが動くと、とっても嬉しいんです。

私は新しいプログラミング言語を学ぶとき、「Hello World」を表示できただけでも、いまだに感動します。

 

プログラミングが初めてという方こそ、自分が書いたコードが動く楽しさ「やった!うれしい」を早く、たくさん味わってほしい。その楽しさをたくさん味わえるという点でも、Rubyはおすすめです。

 

理由3:日本語の情報が豊富なので、独学でも挫折しにくい

Rubyは日本生まれのプログラミング言語なので、日本語で書かれた情報が豊富です。初心者向けの学習サイトでもRubyの講座がありますし、本も出ています。

勉強している人も多く、ブログなどで学んだ内容や上手くいかない場合の解決方法などの情報を発信している人もいます。

 

独学でプログラミング言語を学ぶときに、情報が探しやすいことはとても大事です。書いたコードが動かないときに解決する方法をすぐに見つけられれば、挫折せずにすみますからね。

検索するときは、エラーメッセージなど具体的な言葉を入れると解決方法が見つかりやすいですよ。

 

学習時間は、Rubyの基礎だけなら8時間~

どのくらいの時間でRubyを身に付けられるのか、気になりますよね。

 

学習時間は、どの範囲まで勉強するのかによって変わります。

Rubyの基本的な文法とオブジェクト指向を学ぶのであれば、8時間~が目安という講座もあります

学習サイトProgateのRuby講座の想定時間を参考に算出しています。Ruby on Rails も併せて受講するなら、約40時間~(Rubyが8時間、Ruby on Railsが31時間)が目安になります。

 

意外に短い時間で習得できる気がしませんか?

ですが、これはあくまで文法の基礎のみ。

 

実用的なサービス(例えばECショップやSNSなど)を作れるようになるには、300時間程度は必要と言われています。働きながら毎日2時間勉強したとして、5ヶ月くらいかかる計算ですね。

 

初心者におすすめの勉強方法と、挫折しないための3つのコツ

独学の進め方

Rubyを独学で勉強する場合、次のような手順が一般的です。

Rubyの独学手順
  • 環境準備
    プログラミングする環境を用意する
    実際にコードを書いて動かすための環境を用意します。利用する学習サイトによっては自分で用意しなくてもプログラミングできる場合もあります。
  • 知識の習得
    Rubyの知識を学習サイトや本から学ぶ
    プログラミングの基礎知識、Rubyの文法などを学習サイトや本から学びましょう。
  • 実践1
    サンプルコードを模写したり練習用のコードをかく
    学習サイトや本にのっているサンプルコードや練習用のコードを、実際に自分で書いて文法を覚えましょう。
  • 実践2
    自分でプログラムを作ってみる
    学習サイトや本の課題にチャレンジして、1からコードを書いてみましょう。慣れてきたら自分が作りたいプログラムを作るのもおすすめです。断然スキルが身に付きますよ。

 

初心者は知識+実践で、たくさんのコードを書いて覚えるのが早道

知識を学んだだけでは身に付かないのがプログラミングです。知識(座学)のあとに必ず実践(コードを書く)を繰り返すのがおすすめです。

 

英語も文法を習っただけでは、読み書きできるようにはならないですよね。それと同じです。

 

最初の頃は、説明で書かれているサンプルのコードも書き写してみましょう。たくさんのコードを書き写すことで、自然と書き方が身に付いてきます。

書き写すときは、スペースやインデントなども同じように書くようにしましょう。

最初はスペースやインデントをそろえるのが面倒に思えるかもしれませんが、仕事でプログラミングするときは必ず指摘されるので、身に付けるようにしましょう。

 

写経(サンプルコードを写すこと)ドリルでプログラミングを覚える

サンプルコードを繰り返し写経することで、構文の使い方や、アルゴリズムのパターンを覚える事が可能です。一説によると「写経は最強のプログラミング勉強法」とも言われています。プログラマカレッジでは、多くの写経ドリルを用意しており、このドリルをこなすことにより身体でプログラミングを覚える事が可能です。

引用元:プログラマカレッジ:カリキュラム内容(学習の進め方)

 

Rubyが学べる初心者におすすめの学習サイト・本

初心者の方が独学でRubyを学ぶときにおすすめの学習サイト・本をご紹介します。

ご紹介する学習サイトや本は、次の基準で選んでいます。

  • 基本的な文法だけでなく、オブジェクト指向まで学べる
  • 知識だけでなく、実際にコードを書く課題(練習問題)がある
  • 学習サイトの場合は、無料で受けられる講座がある(一部無料で見られる)

ご自身に合いそうな学習サイトや本を選んでくださいね。

学習サイト

progate

説明が分かりやすいと、初心者に人気のプログラミング学習サイトです。

スライドで知識を学んだあと、実際に自分でコードをかく課題が用意されているので、着実にプログラミングスキルを身に付けることができます。

 

RubyだけでなくRuby on Railsのコースもあります。

Rubyは1時間~2時間程度のコースが5つ用意されていて、基本的な文法とオブジェクト志向(クラスやインスタンスなど)を学ぶことができます。

Ruby on Railsは15コース用意されていて、TwitterのようなSNSをサービスを作っていきます。

 

Web上で学ぶスタイルなので、開発環境(プログラミングする環境)を作る必要がなく、すぐにプログラミングを始めることができるのもいい点です。

ご自分のパソコンにRuby、Ruby on Rails の開発環境を用意する方法(Windows/Macとも対応)も「関連資料」として用意されているので、環境を作って学びたいという方にも役立ちます。

公式サイト progate

 

paiza

アニメやゲームが好きな方にとくにおすすめなのが、動画で学ぶことができるpaizaです。

3分~5分程度の動画で内容を理解したあとに、練習問題で実際にコードを書くというスタイルなので、短時間で効率よく学習していくことができます。

 

解説は丁寧で初心者にもわかりやすく、解説の声を声優さんが担当されていることもあり声がよく、聞き取りやすいと好評です。声を聞くだけで、勉強するモチベーションがあがるという方も、けっこう見かけます。

 

RubyとRuby on Railsのコースは「Ruby体験」「Ruby入門」「Webアプリ開発入門 Rails編」の3つが用意されています。

「Ruby入門」では、簡単なゲーム(サイコロやくじ引きなど)を作りながらRubyの基礎を学んでいきます。

 

progateと同じようにWeb上で学ぶスタイルなので、開発環境(プログラミングする環境)を作る必要がなく、すぐにプログラミングを始めることができます。

公式サイト paiza

 

ドットインストール

自分のパソコンにプログラミング環境(開発環境)を作って学びたいと言う方には、ドットインストールがおすすめです。開発環境を作るところから説明されています。

 

動画は3分~5分程度で、動画のあとに実際に手を動かして学ぶスタイルです。

RubyとRuby on Railsのコースは「Ruby入門」「Ruby on Rails 5入門 」「Active Record入門(Ruby on Railsの関連講座)」の3つが用意されています。

 

progateの方が説明が分かりやすい(丁寧)と感じている方も多いようなので、まったくの初心者の方はprogateで少し用語に慣れてから、ドットインストールを利用してもいいかもしれません。

公式サイト ドットインストール

 

(参考)Rubyがミニツク

RubyがミニツクはRubyに特化した学習サイトで、運営しているNaCl(ネットワーク応用通信研究所)には、Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろさんも参加されています。

 

説明に専門用語が多くプログラミング初心者向けとは言えないのですが、他の学習サイトでは有料となる内容まで、すべて無料で学べるのがメリットです。

 

コースは「Ruby入門コース」「Ruby演習コース」「Ruby on Rails入門コース」「Ruby技術者認定試験(Silver)対策コース」の4つ。Ruby技術者認定試験(資格)の対策コースがあるのは珍しいです。

各コース、動画とテキストで説明されていて、演習やドリルなども用意されています。

Ruby技術者認定試験については、資格のところで説明しています。

公式サイト Rubyがミニツク

 

おすすめの本

Rubyの入門書3冊と、Ruby on Railsの入門書2冊を紹介しますね。

3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門

プログラミングが初めてという方でもRubyを学べるように、分かりやすく丁寧に説明されている1冊です。

環境構築方法から説明されていて(Windows/Macとも対応)、基本的な文法だけでなくオブジェクト志向(クラスやオブジェクトなど)も学べます。

予習→体験(実践)→理解(復習)の3ステップで、Rubyの基礎をしっかり身に付けることができます。

ゼロからわかるRuby超入門

プログラミングが初めてという方向けに、図やイラストを交えながらRubyの基礎を説明しています。

基本的な文法やオブジェクト志向の説明はもちろん、簡単なWebアプリを作るところまで説明されています。

個人的には、独学でつまづきやすい「エラーが起こったときの確認の仕方」が最初に説明されている点もいいなと思っています。

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という珍しい手法をとっている入門書です。

例えば、こんな感じ。

puts表示しろ “Hello World”
読み下し文「Hello Worldを表示しろ」
 

プログラムが英数記号の羅列にみえて、なかなか頭に入ってこないというプログラミング初心者の方におすすめです。

 

サンプルコードが付いているのでそれを実際に入力して動かしてみたり、各章についている復習ドリルをやっていくことで、Rubyのスキルがつくような構成になっています。

Ruby on Rails 6 超入門

Ruby on Rails の基礎がしっかり解説されている入門書です。フレームワークとは?といった基本的なことから解説されています。

各章の最後には、メッセージボードや超ミニブログなどWebアプリを作る方法が紹介されています。

Ruby on Railsの本ですが、巻末に必要最低限のRubyの解説もついています。

10日でおぼえる Ruby on Rails入門教室

10日間でRuby on Railsの基本を学んでいく構成になっています。

10日というタイトルから受ける印象より内容が濃く、しっかり学ぶことができ、最終日の10日目では簡単なゲームアプリを作ります。

 

Windows環境前提で書かれているので、WindowsでRubyを学ぶ予定の方におすすめします。

 

初心者が独学で挫折しないための3つのコツ

期限と勉強時間を具体的に決める

いつまでにどこまで勉強するのか、決めましょう。

期限を決めると、「やらないと!」という気持ちが自然におこり、挫折しにくくなります。

 

また、勉強する時間も具体的に決めましょう。例えば

  • 仕事が終わった後に、学習サイトで最低1章はやる
  • 毎朝1時間、本を読んで課題をこなす
  • 週末の午後1時から5時まで、学習サイトで勉強する

といった形で、「いつ・何を・どのくらい」を決めておくと、続けやすくなります。

 

すぐにプログラミングできる学習環境を利用する

最初はすぐにコードをかける学習サイトや本で、勉強することをおすすめします。

 

Rubyのプログラミングをするには、コードを書くための環境を作る必要があります。この環境構築が初心者には、つまずきやすく時間がかかります。

そうこうしているうちに、挫折してしまう人も多いんです。

 

まずは、すぐにコードを書ける環境で勉強して、自分が書いたコードが動く「うれしさ」や、「プログラミングって楽しい!」を感じてほしいと思います。

 

勉強仲間を作る

仲間がいると、自分も頑張ろうという気持ちになり挫折しにくくなります。近くに勉強仲間がいないという方は、Rubyの勉強会やコミュニティなどに参加して友達を作るという方法もあります。

 

「Ruby 初心者 勉強会」「Ruby 初心者 コミュニティ」などで検索すると、オンラインの勉強会やコミュニティがいくつか見つかるので、ご自分が参加しやすいものを探してみてくださいね。

 

独学したRubyのスキルを就職・転職につなげるためのコツ

エンジニアに就職・転職するためにRubyを学ぼうとしている方もいますよね。

転職活動をするときに独学だと難しいのが、勉強してどのくらいのスキルが付いているのか伝えること。

 

プログラミングスクールを利用して転職する場合は、授業の内容から「これくらいは知っている」ということを採用担当者も分かったうえで選考してもらえることが多いのですが、独学だと「どこまで分かっているの?本当にプログラミング出来るの?」と思われがちです。

体験談などを読んでいると、上手く伝えられずに内定をもらえなかったという人もいました。

 

ここでは、スキルを伝えるのに役立つ方法を2つご紹介するので、参考にしてくださいね。

ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、スキルや実績をアピールするための資料です。実務経験がない場合は、学んだスキルを活かして実際に動くアプリケーションを作っている方が多いです。

 

Rubyエンジニアを募集している企業は、Web系(ネット系)のベンチャー企業が多いので、Ruby/Ruby on RailsでWebシステムを作って、即戦力になれることをアピールしたいですね。

 

Rubyの資格を取得する

資格をとったからといって必ずしも転職活動で有利にはなりませんが、採用担当者に『このくらいのスキルがあるんだな』と分かってもらえるので、スキルのアピールに役立ちます。

試験の出題範囲は、対象とするレベルのRubyエンジニアとして知っておくべき知識が設定されています。資格取得の勉強をすることでRubyエンジニアとして最低限必要な知識を体系的・効率的に学ぶことができます

 

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Rubyの生みの親である まつもとゆきひろさんが理事長をつとめるRubyアソシエーションが実施している認定試験です。

「Silver」と「Gold」の2つのレベルに分かれています。これからRubyを学ぶ方は、Rubyの基本的な技術レベルを出題範囲としている「Silver」の取得を目指すといいでしょう

 

各レベルの出題範囲が、公式サイトに詳しく書かれているので参考にしてくださいね。

公式サイト Ruby技術者認定試験

まとめ

今回は、プログラミング初心者の方向けに、Rubyの基礎を習得するための

  • 着実にスキルがつく効率的な勉強方法
  • 独学に役立つ学習サイトや本
  • 学習時間の目安
  • 途中で挫折しないためのコツ

などをご紹介しました。

 

Rubyは、次のような理由から、プログラミング初心者でも学びやすい言語と言われています。

  • 文法がシンプルで、とても分かりやすい
  • 早く簡単にプログラムを作ることができる
  • 日本語の情報が豊富なので、独学でも挫折しにくい

まずは軽く始めて、「プログラミングって楽しい!」を体験してみてくださいね。

 

今回ご紹介した学習サイトや本は、RubyやRuby on Railsの基礎を学ぶものが多く、実用的なWebシステムまでは作れるようになりません。実用的なアプリを作れるようになりたいのであれば引き続き勉強するようにしてくださいね。

 

ですが初心者の方が独学で、実用的なアプリを作れるレベルまで短期間で学ぶのは、正直難しいと思います。

まずは独学で始めてみて、「やっぱり教えてくれる人が欲しい」と感じたら、プログラミングスクールを利用することも考えてみてください。

 

プログラミングスクールの料金は確かに高いところが多いのですが、独学より効率的です。就職サポートが付いているプログラミングスクールを選べば、1人で転職活動をするより内定をもらいやすくなりますよ。

 

 

コメント