DMM WEBCAMP 短期集中コースの特徴・料金・転職支援の情報など詳しく解説

特徴・料金

DMM WEBCAMPは、業界で初めて転職保証を付けたことで人気となったプログラミングスクールです。

受講するかどうか迷っている人も多いですよね。

 

DMM WEBCAMPの短期集中コースの特徴、料金、就職・転職支援の内容や就職先企業の情報を詳しく解説しつつ、転職保証をつけられるほど就職・転職に強い理由も紹介していきます。

 

利用するかどうかの参考にしてください。

 

DMM WEBCAMPとは

いまでこそ転職保証付きのプログラミングスクール(コース)が増えてきましたが、業界で初めて転職保証を付けたのがDMM WEBCAMPです。

 

DMM WEBCAMPの就職・転職を目指す人向けのコース(エンジニア転職)は3つに分かれていて、転職保証が付いているのは、短期集中コースと就業両立コースです。

  • 短期集中コース
  • 専門技術コース
  • 就業両立コース

 

今回は、一番人気の「短期集中コース」を解説していきますが、その前に3つのコースの違いを簡単に説明しておきますね。

 

DMM WEBCAMPには教室もあり、以前は通学スタイルの講座でしたが、コロナ以降すべてオンライン完結で受講できるようになりました。

 

エンジニア転職の3コースの違い

エンジニア転職の3コースとも就職・転職を目指す人向けのコースですが、受講期間と学ぶ内容(スキル)、転職保証の有無などが違います

 

 短期集中専門技術就業両立
学習期間12週16週24週
クラウド学習なし選択制あり
チーム開発ありありなし
転職保証ありなしあり
ライフコーチの有無なしなしあり
転職サポート開始1週目~1週目~24週目~
今の仕事をやめるやめるやめない

 

短期集中コース

短期集中コースは、3ヶ月間でWebアプリケーション(Rubyなど)を学びエンジニアとして就職を目指します。転職保証も付いている安心できるコースです。

すでに離職している方(離職予定の方)やフリーターや第二新卒など、毎日十分な時間をプログラミング学習に充てられる方に向いています

 

専門技術コース

専門技術コースは、4ヶ月間で学びエンジニアとして就職を目指します。転職保証は付いていませんが、就職支援は受けられます。

 

短期集中コースや就業両立コースとの違いは、

  • Webアプリケーション(Ruby)だけでなくAI(Python)も学べる(選択制)
  • 経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定されたので、教育訓練給付制度を利用すれば、料金の最大70%が戻ってくる

ことです。

離職されている方(離職予定の方)など、毎日十分な時間をプログラミング学習に充てられる方に向いています。

 

就業両立コース

就業両立コースはいまの仕事を続けながらプログラミングスキルをつけて転職をしたい方向けのコースです。転職保証も付いている安心できるコースです。

 

チーム開発は経験できませんが、クラウドの知識を学ぶことができます。

DMM WEBCAMP 短期集中コースの特徴

 

DMM WEBCAMPの短期集中コースには、次のような特徴があります。

  • 転職保証がついている
  • 実践的なカリキュラム
  • 何度でも講師に質問できる
  • 手厚い就職・転職支援と低い離職率
 
それぞれ詳しく解説していきますね。

転職保証がついている

プログラミングスクールで教わったほうがいいと分かっていても、「もしエンジニアに転職できなかったら、お金が無駄になってしまう・・・」という不安、誰しもありますよね。

 

転職保証は、その不安を安心に変えてくれる保証。転職成功率が高いからこそつけられる保証です。

 

DMM WEBCAMPの受講生の95%以上は未経験者転職成功率98%

ほとんどの人が未経験から転職に成功しています。

あたなだって、きっと大丈夫。

 

もしも、就職サポート期間内に転職できなかった場合には、受講料を全額返金してもらえるので、お金を無駄にせずにすみます。

 

実践的なカリキュラム

DMM WEBCAMPが就職・転職に強い理由の1つ目が、現場を意識した実践的なカリキュラムです。

 

1つのプログラミング言語だけを教える講座も多いですが、実務で作るサービスには色々な知識が必要です。1つのプログラミング言語を習得しただけでは作れないんです。

 

DMM WEBCAMPでは1つのサービスを作るために必要な言語、知識を一通り教えてもらえます

 

例えばプログラミング言語なら、HTML/CSS、JavaScript、jQuery、Ruby/Rails(Ruby on Rails)、SQL。

プログラミング言語以外にも、実務で必須で使われているGitHubなどのツールや、設計の知識も学びます。複数人でチームを組んで開発する経験もできます。

 

現場で必要なスキルを一通りつけられることで、採用されやすくなります。

 

受講した人に好評なのがチーム開発です。実際の仕事ではほとんどの場合、チームを組んで1つのサービスをつくっていきます。一人で学習していたのでは経験できないことなので、受講して良かったという声が多かったです。

 

何度でも講師に質問できる

DMM WEBCAMPは質問し放題。サポート時間内(※)なら何度でもチャットで質問できます

※サポート時間は、学習フェーズ(基礎、チーム開発、個人開発)によって変わります。

 

オンライン完結型のプログラミングスクールでは、レッスンという形で質問できる時間や回数が決まっているところも多いので、質問し放題のサポートはうれしいですね。

 

手厚い就職・転職支援と低い離職率

DMM WEBCAMPが就職・転職に強い理由の2つ目が、手厚い就職・転職支援(キャリアサポート)です。

 

専属のキャリアアドバイザーが、求人の紹介や面接対策など、受講開始から約1年間サポートしてくれます。具体的なサポート内容は、「就職・転職支援の内容」で解説していきますね。

 

キャリアサポートの質の高さを感じるのが、DMM WEBCAMPから就職した人の離職率の低さです。

1%程度と、とても低いんです。

※2019年4 月時点、結婚退職などによる離職を除く

 

キャリアサポートでは、受講者の適正やキャリアの方向性、企業文化や社風との相性を考慮して、長く働ける求人を紹介してもらえるそうです。各受講生に合う企業を紹介してもらえるから、勤め続けられているということですよね。

 

DMM WEBCAMP 短期集中コースの学習スケジュール・料金

学習スケジュール

短期集中コースの学習スケジュールは、次のような流れになっています。

 

学習スケジュール
  • 1ヶ月目
    基礎学習
    HTML/CSS、JS、jQuery、Ruby/Rails(Ruby on Rails)などの基礎学習
  • 2ヶ月目
    チーム開発
    受講生同士でチームを組み、ECサイトを開発
  • 3ヶ月目
    ポートフォリオ制作(個人開発)
    1人でゼロからサービスの企画や設計、開発、リリースと、Web開発のすべての工程を経験

 

3ヶ月目で制作したサービスは、転職活動のときにアピール材料として使うことができます。

 

テキストをなぞるだけではプログラミングは出来るようにならないので、2ヶ月目、3ヶ月目で自分で考えて開発する期間がしっかり設けられている点が、個人的にはすごくいいと思っています。

 

短期集中コースの学習時間の目安は最低160時間/月なので、1日当たり(週6日計算)7時間程度の学習時間になります。受講期間中は、プログラミング学習に集中する気持ちで頑張りましょう。

 

 

講師

DMM WEBCAMPの講師(メンター)は、講師を専門としているプロ講師と、現役エンジニアの講師がいます。

基本的な質問にはプロ講師が答え、課題の添削やポートフォリオ制作などでの質問は現役エンジニアの講師が答えるようです。

 

料金

料金は、690,800円(税込)。月々28,072円~分割払いも可能です。

※料金は、申し込み前に必ず最新の情報を公式サイトで確認してください。

公式サイトDMM WEBCAMP

 

支払いには、クレジットカード、銀行振込、分割払い(提携する信販会社)が利用できます。

 

正直、かなり高いですよね。

オンライン専門のプログラミングスクールと比べると高いのですが、教室があるプログラミングスクールで、就職・転職向けのコースで比較すると平均~少し高めという感じです。

 

 

20日以内ならクーリング・オフ制度が利用できる

短期集中コースは、契約締結日から20日以内であればクーリング・オフ制度を利用して解約することができます

 

[DMM WEBCAMP]
 契約締結日から20日以内であれば、クーリング・オフ制度を利用して契約を解除することができます。

引用元:DMM WEBCAMP-特定商取引法に基づく表記

 

プログラミングスクール(パソコン教室)のクーリング・オフ期間は、通常8日以内なので20日以内って長いです。

高額のコースなので期間が長いのは、うれしいですね。

参考:特定商取引法ガイド 特定継続的役務提供

 

DMM WEBCAMP 短期集中コースの就職・転職支援の内容

 

専属のキャリアアドバイザーがつき、次のようなサポートを受講開始から約1年間してくれます。

  • 自己分析
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 企業との面接セッティング(求人紹介)
 
実は、DMM WEBCAMPを運営している株式会社インフラトップは、エンジニアの転職支援サービス(転職エージェント)も運営しています。そのため、転職エージェントが行ってくれるようなサポートを受けることができるんです。
 
 
いくつか特徴を紹介していきますね。

受講開始1週目から始まる就職・転職支援

就職・転職支援(キャリアサポート)は、受講開始1週目から始まります。

受講中から?という感じがしますよね。

 

受講中のキャリアサポートの内容は、「自己分析」「職務経歴書の添削」など、選考のための準備です。

企業に面接を受けにいくような活動は、受講修了後になるので安心してください。

 

受講者にとても好評な「自己分析」

キャリアサポートでまず行われるのが「自己分析」です。

 

この自己分析、受講した方からとても好評なんです。

徹底的に自分を掘り下げるので、

  • 自分がなぜエンジニアになりたいのか
  • どのようなエンジニアになりたいのか

が明確になるそうで、自分の中に芯ができ、就職したい企業の方向性がカチっと決まるそうです。

 

受講した方は「新卒の就職活動での自己分析なんて、ぜんぜん甘かった」と話していました。

 

魅力的な企業への転職実績

卒業生がどのような企業に就職しているのか、気になりますよね。

正直、かなりいい企業に就職・転職している印象です。

 

公式サイトの情報をみると、IT業界なら誰もが知っているような企業や、業界でも勢いがある企業に就職していることが分かります。

保有求人数は、非公開求人を含めて300件以上あるそうです。

 

出典:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPの無料カウンセリング

 

未経験からエンジニアに転職する場合、自分がエンジニアに向いているのか、ちょっと不安だったりしませんか?

 

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングでは、プロのカウンセラーがキャリアの相談にのってくれます

興味がある方はぜひ申し込んでみてくださいね。

無料カウンセリングの申し込みはこちらから

DMM WEBCAMP

 

DMM WEBCAMP 短期集中コースを受講するときの注意点

保証条件がある

転職保証を受けるには条件があります。

 

具体的な条件は無料カウンセリングで説明されますが、だいたい次のような内容です。

  1. 規定の受講条件を満たしている
  2. 30歳未満である

 

1つ目の「規定の受講条件」というのは、3ヶ月のカリキュラムをきちんと受けていない方を対象から外すための条件です。きちんと通えばクリアできるので安心してください。

「自分は保証されるのかな?」と不安な方は、無料カウンセリングで相談してみましょう。

 

まとめ

DMM WEBCAMPは、業界初の転職保証をつけたことで、人気がでました。

 

DMM WEBCAMPの就職・転職を目指す人向け(エンジニア転職)には、次の3つのコースがあります。

  • 短期集中コース
  • 専門技術コース
  • 就業両立コース

 

一番人気の「短期集中コース」は、3ヶ月学んでエンジニアへの就職を目指すコースです。

転職保証がつくだけあり、就職・転職成功率98%と、とても高いです。

 

DMM WEBCAMPが、就職・転職に強い理由は

  • 現場で役立つ実践的なカリキュラム
  • 手厚い就職・転職支援
があるからです。

 

特に、就職・転職支援の中で行われる「自己分析」は受講者にとても好評。企業の面接の場で自分を大いにアピールでき、内定を勝ち取れる要因にもなっています。

 

注意したい点は、転職保証には条件があること。具体的な条件は無料カウンセリングで確認してください。

無料カウンセリングでは、プロのカウンセラーがキャリアの相談にのってくれます。興味がある方は、公式サイトからぜひ申し込んでみてください。

 

公式サイトはこちら

DMM WEBCAMP

 

 

コメント