既卒がITエンジニアに就職するコツ!未経験でも文系出身でも大丈夫

既卒・第二新卒(就活エージェント)

「自分もこんなWebサービスを作ってみたい。面白そう」と、ITエンジニア(プログラマやWebエンジニアなど)に憧れがあっても、スキルも経験もない既卒では採用してもらえない気がして、ITエンジニアを目指すかどうか迷っているという方もいますよね。

 

ただでさえ既卒になると就職するのが難しいと感じるのに、ITエンジニアのような技術職なんてとても無理なんじゃ・・・と不安になる気持ち、分かります。

 

でも、ITエンジニアに就職できている既卒者は、けっこういるんです。

せっかく就きたい仕事があるのなら、「既卒だから」「未経験だから」「文系出身だから」と諦めてしまうのはもったいない!

 

私はIT企業に勤めていますが、文系出身の既卒者を2名ほど採用したことがあります。(2人ともすごく楽しそうに仕事をしていますよ)

だからきっとあなたも大丈夫。

 

  • 既卒でITエンジニアに就職した人の体験談
  • ITエンジニアへの就活で準備しておくこと
  • 既卒が未経験からITエンジニアに就職する方法

を紹介していくので、あきらめずにITエンジニアを目指してくださいね。

 

既卒・未経験でもITエンジニアになれる?

既卒でITエンジニアに就職した人達

既卒・未経験でもITエンジニアとして就職できることを知ってほしいので、実際に就職に成功した3名の体験談を紹介しますね。

 

文系出身の女性でもプログラマーとして就職成功!

文系出身のAさん。プログラミングの仕事に就きたいと、新卒での就活でもIT業界に絞って30社ほど受けましたが内定をもらえず、卒業となりました。

 

既卒になっても「やっぱりプログラミングの仕事がしたい」と、就活エージェントが運営しているプログラミングスクールを受け、就職に必要なスキルをつけて就活したところ2社から内定を獲得!

希望の仕事につけて、とてもうれしそう。

参考 【プログラマカレッジ】新卒で内定をもらえなかったプログラマー職への切符を掴む

 

プログラミング未経験でもWebエンジニアに就職成功!

理系とはいえIT系とはまったく接点がない専攻だったYさん。

数学が得意だったため、就活エージェントのキャリアコーディネーターにIT業界を勧められます。未経験でも受けられるプログラマー求人を2社受けて、みごと内定を獲得!

 

入社後の研修では、ウェブやインターネットの仕組み、プログラミングの基礎を教わりながら実際にシステムを作っているそう。日々の成長を感じられてとても充実している様子。

参考 【就職Shop】未経験でもIT企業に入社、日々成長を実感!

 

独学で一度挫折するも、あきらめずに内定3社獲得!

IT関係の資格をとれば就職できるだろうと勉強を始めるも、挫折してしまったWさん。

独学では限界を感じ、プログラミングスクールを受講します。プログラミングの基礎を学んで就活したところ、6社面接に進み3社から内定!すごいですね。

 

ゆくゆくは自分独自のアプリを作って、アプリストアに出したいそう。仕事以外の目標があるっていいですね。

参考 【プログラマカレッジ】独学でプログラミングを勉強するも挫折。リベンジして見事3社から内定獲得!

 

コロナ禍でも就職できる?

既卒の就活に、コロナショックの影響がどのくらい出ているのか不安になっている人も多いですよね。

 

既卒向け就活エージェントのウズウズ(ウズキャリ)の調査によると、既卒・第二新卒・フリータの就活は、コロナショックの影響をうけて厳しくなってきています。

参考 ウズキャリー【調査リリース】コロナショックで20代の転職市場に変化あり

 

ですが、未経験からのITエンジニアの就職につよいプログラミングスクールのテックキャンプによると、IT業界ではエンジニア不足の状態は変わっていないので、未経験でも十分就職できているという結果がでています

  • IT業界の求人倍率はコロナ禍でも8倍以上(一人当たり8社の就職先が選べる計算ですね)
  • テックキャンプを利用しての就職成功率は、コロナ禍でもコロナ前とほぼ同じ就職成功率(90%以上の成功率)を達成

 

不安はたくさんあると思いますが、既卒・未経験でもITエンジニアとして就職できる可能性は十分あるので、正社員を目指してがんばりましょう。

 

ITエンジニアへの就活で既卒が準備しておくこと

未経験でITエンジニアへの就職を目指すとき、少しでもスキルをつけたほうがいい気がしてIT系の資格を目指したり、やみくもにプログラミングの勉強をしがちですが、その前にもっと大事なこと(準備しておくこと)があります。

 

それがこの3つ

  • 既卒になった理由を説明できるようにしておく
  • ITエンジニアになりたい理由を説明できるようにしておく
  • プログラミング(ものづくり)を楽しいと感じておく
 

既卒になった理由は、必ずといっていいほど面接で聞かれるので準備しておきましょう。

 

ITエンジニアになりたい理由は色々あると思いますが、ストーリーとして話せるように準備しておくと説得力があがります。

「こんなサービスを自分も作ってみたい」「こんな価値を提供できる仕事をしたい、それが出来るのはITエンジニアだと思ったから」程度で大丈夫。

 

ITエンジニアを目指したいと思うくらいですから、モノづくりが好きな方が多いと思いますが、プログラミングって楽しいと思えていると、面接官に「未経験で採用しても長く働いてもらえそう」という安心感をもってもらえます。

 

 

既卒・未経験でもITエンジニアになれる就活の方法

実際の就活は、どんな風に行えばいいんだろう?と思いますよね。

未経験の既卒が、ITエンジニアとして就職しやすい就活の方法は、こちらの2つ。

  • 既卒向けの就活エージェントを利用する
  • 就職支援付きプログラミングスクールを利用する

 

それぞれのメリット・デメリットなどを説明していきますね。

既卒向け就活エージェントを利用する

就活サイトを利用したことがあっても、就活エージェントは利用したことがないという方も多いと思います。

 

既卒向け就活エージェントとは、既卒者の就職活動をサポートしてくれるサービス。基本的に「無料」で利用できます。

 

具体的には、次のようなサポートをしてもらえます。

  • 希望にあう、既卒を受け付けている企業を紹介してもらえる
  • エントリーシートの添削や、面接対策をしてもらえる
  • 就活への不安や相談にのってもらえる

 

面接対策では、「既卒として就職活動をしている理由」の不利にならない答え方(言い回しなど)も一緒に考えてもらえますよ。

 

既卒向け就活エージェントのメリット・デメリット

既卒向け就活エージェントを利用するメリットは、

  • すぐに求人を紹介してもらえるので、早く就職できる可能性がある
  • 無料で利用できる
 

就活エージェントには、未経験・スキルなしで応募できるITエンジニア職の求人があります。

相談した日に希望にあう求人を紹介してもらえることが多く、1週間で内定がもらえたという人もいます。

 

デメリットは、

  • 就職できる可能性が高い他の職種をすすめられることがある
  • ITエンジニア職の求人が少ない場合がある
 

就活エージェントには、ITエンジニア職以外の求人もたくさんあるので、希望するITエンジニア職より就職できる可能性が高い他の職種の求人を紹介されることもあります。

 

新卒で利用していた就活サイトと比べると、就活エージェント1社が保有している企業数(求人数)は少ないです。

マイナビの新卒募集企業数は約27,000社(2020年7月末)。就活エージェントは多いところで8,500社ほど、少ないところでは1,000社程度です。

 

最初に相談した就活エージェントに希望するようなITエンジニアの求人が無かったとしても、他の就活エージェントにはあるかもしれないので、複数の就活エージェントを利用するようにしましょう。

 

【参考】既卒向け就活エージェント

IT系の求人が多い就活エージェントをいくつか紹介しますね。

ウズキャリ

就職率86%、入社1年後の定着率が約94%と高く、何よりもあなたが働き続けられること(定着率)を大切に求人を紹介している就活エージェントです。

紹介先の職種分布では、ITエンジニア職が一番多くなっています。

対象職種・業界全職種
保有求人数(企業数)1500社以上
特徴全企業訪問のうえ、独自基準でブラック企業を除外
店舗の場所新宿、大阪、名古屋、福岡
※近くに店舗がない場合は、電話・Skype面談で利用が可能
面談(受付)時間平日の9時から19時
公式サイトウズキャリ

 

リクらく

カウンセリング実績 2万人以上、内定率94%!という既卒・第二新卒向けの就活エージェントです。

未経験で応募できるIT系の求人もたくさんあります。なかには面接1回で内定が出るところもあり、1週間で正社員になれることも。

対象職種・業界全職種
保有求人数(企業数)1,200件
(東京・千葉・神奈川・埼玉の企業中心)
特徴内定率94%!
全企業訪問取材
店舗の場所六本木
(電話または対面)
面談(受付)時間9時から22時
公式サイトリクらく

 

就職Shop

体験談でも紹介した就活エージェントです。大手人材紹介会社であるリクルートが運営しています。

就活エージェントの中では保有求人数が多く、書類選考免除で受けられるのがメリットです。

対象職種・業界全職種
保有求人数(企業数)8500社以上
特徴書類選考免除
全企業訪問取材
店舗の場所銀座、新宿、北千住、立川、横浜、
千葉、大宮、大阪、三ノ宮、烏丸
面談(受付)時間平日の10時から18時半
公式サイト就職Shop

詳細 就職Shopの特徴・登録するメリットや利用するコツを解説

 

 

就職支援付きプログラミングスクールを利用する

就職支援付きプログラミングスクールは、就職することを目指す人向けのスクール(コース)で、次のような特徴があります。

  • 実際の仕事に役立つカリキュラム(授業の内容)になっている
  • プログラミングを学ぶだけでなく、就職活動のサポート(就職支援)もしてくれる

 

授業のなかで学んだんスキルを形にできるオリジナルアプリ(ポートフォリオ)を作る場合もあります。

面接の場で採用担当者にポートフォリオを見せて、スキルをアピールしている人も結構いますよ。

 

就職支援では、求人の紹介、職務経歴書や面接対策など就活エージェントを利用する場合と同じサービスを受けられます

 

就職支援付きプログラミングスクールのメリット・デメリット

就職支援付きプログラミングスクールを利用するメリットは、

  • 就職できる可能性が、他の方法とくらべて高い
 

就職支援付きプログラミングスクールのキャリアアドバイザーは、未経験からITエンジニアに就職させるプロなのでアドバイスも的確。

また、紹介される求人企業はプログラミングスクールの教育を信頼しているので、未経験でも選考が通りやすい場合が多いです。

 

就職成功率が90%以上のプログラミングスクールもあるほどです。

 

デメリットは、

  • 就職する時期が、プログラミングを学ぶ期間分遅くなる
  • 授業料がかかる
 

スキルを学ぶ期間はプログラミングスクールによって違いますが、3ヶ月前後のところが多いです。

 

お金と時間をかけてでもプログラミンを学んでから就職したほうがいいのか、悩みますよね。

実際に就職支援付きプログラミングスクールを受けた方に聞くと、ITエンジニアは他の職種と比べると給料がいいので、十分元は取れると考えている人が多いです。

 

無料の就職支援付きプログラミングスクールもあります。無料のプログラミングスクールの中には、途中解約や紹介された求人を断ると違約金がとられる場合があるので、条件をしっかり確認しましょう。

 

【参考】就職支援付きプログラミングスクール

就職支援付きプログラミングスクールをいくつか紹介しますね。

プログラマカレッジ

体験談で紹介したプログラマカレッジ。

29歳までの東京の教室に通える方なら無料で受けられる就職支援付きプログラミングスクールです。就職・転職成功率96.2%

途中解約でのペナルティ(違約金など)がないので、安心して利用できると思います。

プログラミングスクール
コース名
プログラマカレッジ
(平日5日コース、週3夜間コース)
受講スタイル通学(個別・チーム学習)
※新型コロナウィルス対策としてオンライン実施中
言語などPHP,Java
スクールの場所東京
公式サイト【完全無料プログラミング研修&就活塾】

詳細 プログラマカレッジの特徴・利用するメリットなど詳しく解説

 

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、20代なら転職保証(就職できなかったら受講料を全額返金してもらえる)をしてくれる就職支援付きプログラミングスクールです。就職向けのコースが3つほどあり、短期集中コースと専門技術コースに転職保証が付いています。

就職・転職成功率98%

 

私の会社に入社した既卒者が利用していて、チーム学習やオリジナルアプリの開発などとても勉強になったそう。

既卒の方には授業料が高いと思うのですが、授業の内容も就職先の質もいいスクールです。

「授業料はどうやって払ったの?」と聞いたところ、家族の方に協力してもらったそうです。就職が決まった時は、とても喜んでくださったそう!(分割払いもできるので、考えてみてくださいね)
プログラミングスクール
コース名
DMM WEBCAMP
短期集中コース
受講スタイル通学・オンライン
※新型コロナウィルス対策としてオンライン実施中
[教室解放時間:11時~22時]
言語などRuby/Rails(Ruby on Rails)
スクールの場所東京(渋谷、新宿)、大阪
公式サイトDMM WEBCAMP

詳細 DMM WEBCAMPの特徴・料金・転職支援の情報など詳しく解説

 

 

まとめ

既卒・未経験でもITエンジニアに就職している人はたくさんいます。

 

未経験の既卒が、ITエンジニアとして就職しやすい就活の方法は、こちら。

  • 既卒向けの就活エージェントを利用する
  • 就職支援付きプログラミングスクールを利用する

 

既卒向けの就活エージェントは、無料で利用できて、すぐに求人を紹介してもらえるので早く就職できる可能性がありますが、他の職種をすすめられたり、1つの就活エージェントではITエンジニア職の求人が少ない場合があります。

 

就職支援付きプログラミングスクールは、他の就活方法と比べて未経験でも就職できる可能性が高いですが、授業料がかかり、プログラミングを学ぶ期間分(だいたい3ヶ月前後のところが多いです)就職する時期が遅くなります。

 

自分も就職できるかな?と不安なら、プログラミングスクールの無料相談(説明会)で、自分と似たような人が就職できているのか聞いてみましょう。

(無料説明会で強引な勧誘をされることはないので、安心してください。)

無料相談(説明会)の申し込みは、各プログラミングスクールの公式サイトからできます。

 

 

コメント