既卒は就職できないなんて嘘!?成功させるポイントを押さえれば大丈夫

若い男性 就職エージェント

既卒になってしまったら、正社員では就職できないのでは・・・、と不安になっていませんか?

このまま就活を頑張っても無駄じゃないのかと、迷っているかもしれませんね。

 

たしかに以前は、既卒で正社員を目指すのは難しかったかもしれません。

ですが今は、既卒向けの就職サポートが手厚くなってきたので、あきらめなければ正社員になることができます。

 

既卒は就職できないなんて、いまとなっては嘘なんです。

20代で正社員になることをあきらめるなんて、まだまだ早い!既卒の就活を成功させるポイントを押さえて、正社員を目指しましょう。

 

既卒の内定率はどのくらい?

 

既卒で就活した人が、どのくらい内定をもらっているのか調べてみました。

 

マイナビの調査結果(2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査)によると、既卒の内定率は45%。新卒と比べると約半分(新卒の内定率は83.4%)と厳しい結果です。

それでも既卒で就活した半数近くの人が内定をもらっているので、就職できないわけではありません。

 

引用元:2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

既卒の就活を成功させるポイントは?

応募する企業(求人)の選び方

新卒の時と同じ企業(求人)の探し方をしていては、既卒では内定が出にくかったり、応募する企業(求人)が見つからない可能性があります。

 

既卒を採用する意欲のある求人を選ぶ

20代の未就職者を対象とした求人には、新卒だけを採用予定の企業の求人、既卒も含めて採用予定の企業の求人があります。

 

新卒だけを採用予定の企業に応募しても、既卒は内定をもらえませんなので、既卒を採用する意欲のある企業を選ぶことが大切です。

 

マイナビの調査結果でも全体の半数以上(64%)の人が、既卒で就活するにあたり「既卒者を受け付けている企業を選ぶ」ように応募先の選び方を変えていました

 

引用元:2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

業界・職種・会社規模の幅を広げる

人気のある業界や職種、大手有名企業の求人は、新卒の就活時とくらべて少なくなります。

業界の幅を広げてみる、職種の幅を広げてみる、大手有名企業にこだわらず、中小企業や知名度の低い大手企業なども含めて、求人を探すことが大切です。

 

既卒になった理由への対策

既卒が面接官に必ず聞かれるのが、「なぜ新卒時に就職しなかったのか?」です。

 

  • 何か問題があって就職しなかったのか?
  • 本当に働く気持ちがあるのか?

など、面接官としては、既卒者を採用して長く働いてもらえるのか不安があるからです。

 

必ず、「新卒時に就職しなかった理由」を説明できるようにして、面接に臨むようにしましょう。

 

どんなふうに「新卒時に就職しなかった理由」を伝えたらいいのか分からない、という方も多いですよね。

例えば、20代の既卒・フリーターなどの就職支援を行っている「ハタラクティブ」では、既卒になったケース別に回答例を紹介しています。参考にしてみてください。

 

参考:ハタラクティブ-<タイプ別>既卒の就活「なぜ新卒で就職しなかったのか?」上手な答え方と回答例7つ

活動量を増やす

マイナビの調査結果をみていて気になったのが、新卒と比べて既卒の活動量(エントリシート提出社数など)が少ないことです。

 

平均エントリシート提出社数が、新卒では14.6社に対し、既卒は7.3社と半分にとどまっています。

引用元:2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

 

新卒と比べると既卒は選考で不利に感じますが、エントリーシートの通過率をみてみると、新卒とそれほど差はありません

 

選考の通過率(エントリーシート通過社数/エントリシート提出社数)は、新卒は71%、既卒は67%です。既卒のほうが低いですが、既卒だから選考が通りにくいというほどの差ではありません。

 

エントリシート提出(求人への応募)数を増やせば、内定をもらえる可能性もあがると思いませんか?

 

  • 既卒を受け付ける企業数が少ない
  • アルバイトなどが忙しく就活できない
  • 就活へのモチベーションが下がっている

など、活動量が少ない理由は色々あるのかもしれませんが、正社員で就職したいならば、ここは頑張りどころです。

 

ですが、闇雲に活動量を増やしても、疲弊するだけで内定がもらえない可能性があります。

 

新卒の就活では、同じように活動している仲間がいたので、相談したり励ましあったりできましたが、既卒になると一人での就活になるので、モチベーションも下がりやすくなります。

できれば、既卒に強い就職エージェントを利用し、相談しながら就活することをおすすめします

 

既卒が就職エージェントを利用するメリット

 

就職エージェントを利用すると、次のようなメリットがあります。

  • 既卒を採用する意欲のある求人が揃っている
  • 長く働ける企業を紹介してもらえる
  • 既卒向けの選考サポートがある
 

既卒を採用する意欲のある求人が揃っている

20代の未就職者を対象とした求人には、新卒だけを採用予定の求人、既卒も含めて採用予定の求人があります。

 

厚生労働省の「企業の正社員の採用方法」資料によると、新卒採用で正社員を採用すると答えた企業は調査した企業の約半数(52.9%)に対し、正社員経験のない既卒者を中途で採用する意欲のある企業はわずか4.3%です

 

引用元:厚生労働省-「若年雇用問題」に関する資料

 

わずか4.3%なんて数字をみると、既卒で採用される求人を見つけることがとても難しく感じてしまいますよね。

 

既卒向けの就職エージェントに求人を依頼する企業は、正社員経験がない既卒者を紹介するエージェントだと分かったうえで出しています。「既卒を採用する意欲のある求人」が、就職エージェントにはそろっています。

 

長く働ける企業を紹介してもらえる

就職エージェントは、採用企業から手数料をもらうことでビジネスが成り立っているので、「入社さえしてもらえればいい」というスタンスで求人を紹介されないか、不安な人もいるかもしれません。

 

転職エージェントにとっては、紹介した会社に入社してもらうことももちろん大事ですが、それ以上に長く働いてもらうことのほうが大事なんです。

 

企業が正社員経験のない既卒者の採用に躊躇する理由の一つが、「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか」なので、入社した既卒者がすぐに辞めてしまうと、紹介した担当者の信用が下がるだけでなく、既卒者の採用枠自体を無くされてしまう(=取引がなくなる)可能性もでてきてしまうからです。

 

紹介した人が「すぐに辞めてしまう」ことが一番困るので、既卒向け就職エージェントは、就職希望者と仕事内容(企業)との相性を大事に求人を紹介しているところが多いです。

 

既卒向けの選考サポートがある

既卒で就活するとなると、

  • 既卒になった理由を、選考で不利にならないようにどう説明したらいいの?
  • 新卒の就活にはなかった職務経歴書ってどう書けばいいの?職歴なんてないけれど、アルバイト経験を書いていいの?
  • 面接で聞かれる内容は、新卒の就活の時とは違うの?

などの疑問や不安がたくさんありますよね。

それ以外にも、

  • 求人を探す業界や職種を広げたくても、仕事のイメージがつかず探せない。
  • そもそも、どんな仕事に就きたいのか(向いているのか)分からない
など、正社員にはなりたい気持ちはあっても、なかなか就活に力が入らないという方もいると思います。

 

こういった既卒者ならではの悩みへの手厚いサポートが、就職エージェントにはあります。

特に、既卒になった理由や職務経歴書は、言い回し一つ書き方ひとつ選考の通過率がぐっと上がります。ノウハウをもっている就職エージェントを利用しないのは、もったいないです。

 

既卒の就活におすすめの就職エージェント

 

マイナビの調査結果では既卒の内定率は45%でしたが、既卒向けの就職エージェントの中にはもっと高い成功率を出しているところがあります。

今回は、就職成功率が80%以上、もしくは書類選考免除などの選考に有利なサービスがある就職エージェントを紹介します

※特に記載がないかぎり、すべてのサービスは無料で受けられます。

 

DYM就職

就職成功率が96%とかなり高いです。今回紹介する就職エージェントの中ではもっとも高い成功率です。

書類選考免除で受けられるとはいえ、ここまで高い成功率なのはちょっと怖いですよね。

 

高い就職成功率の理由を口コミなどからみてみると、

  • 内定直結型イベントというイベントがある
  • 一度に紹介する求人が多い

といった理由が考えられそうです。

 

関東・関西以外の店舗もあるので、地方の方にもおすすめです。

 

対象職種・業界 全職種
保有求人数(企業数) 2000社以上
求人・採用の多い職種など 営業、エンジニア、販売
書類選考免除 あり
ブラック企業の求人対策
研修制度
求人紹介の方針
店舗の場所 東京、池袋、秋葉原、立川、横浜、大宮、船橋、本厚木、高崎、水戸、名古屋、静岡、大阪、神戸、広島、福岡、仙台、札幌
面談(受付)時間 10時から18時

 

公式サイトはこちら
DYM就職

 

ウズキャリ

就職成功率が86%、入社1年後の定着率が約94%と高く、何よりも定着率を大切に求人を紹介している就職エージェントです。

 

サポートしてくれる社員が元既卒・元第二新卒者なので、既卒で就活する気持ちをよくわかってくれています。

 

対象職種・業界 全職種
保有求人数(企業数) 1500社以上
求人・採用の多い職種など エンジニア、営業
書類選考免除
ブラック企業の求人対策 全企業訪問のうえ、独自基準で除外
研修制度 別サービス(ウズウズカレッジ)で、社会人基礎スキルと職種専門スキル講座あり
求人紹介の方針 1度に紹介するのは5社程度
店舗の場所 新宿、大阪、名古屋、福岡
※近くに店舗がない場合は、電話・Skype面談で利用が可能
面談(受付)時間 平日の9時から19時

 

公式サイトはこちら
ウズキャリ

 

ハタラクティブ

既卒向けの就職エージェントの中では、知名度がある印象です。CMなども流れていたので、名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。

就職成功率は80.4%です。

 

対象職種・業界 全職種
保有求人数(企業数) 2300件以上
求人・採用の多い職種など 営業、エンジニア、施工管理
書類選考免除
ブラック企業の求人対策 全企業訪問取材
研修制度
求人紹介の方針
店舗の場所 渋谷、立川、池袋、秋葉原、横浜、さいたま、名古屋、大阪、福岡
※近くに店舗がない場合は、電話面談で利用が可能
面談(受付)時間 平日の9時から18時(受付時間)

 

公式サイトはこちら
ハタラクティブ

 

ジェイック(JAIC)

新人研修と同等の研修を受けたのち、求人を紹介するスタイルの就職エージェントです。
就職成功率は80%以上

 

既卒向けには「就職カレッジ」と、女性向けの「女子カレッジ」を運営しています。いまは職種を限定していませんが、以前は営業職向けの就職エージェントだったため求人は営業職が多いです。女子カレッジでは事務職の求人もあるそうです。

 

約2週間の研修後に、書類選考なしで20社程度受けることができます。集団面接という形式なので、自分が受けたい企業だけを受けられないのがデメリットですが、色々な企業に一度に会えるというメリットもあります。

 

対象職種・業界 営業職中心
保有求人数(企業数)
求人・採用の多い職種など 営業職
書類選考免除 あり
ブラック企業の求人対策 全企業訪問のうえ、独自基準で除外
研修制度 新人研修と営業スキルがセットになった研修あり
求人紹介の方針 研修終了後に求人紹介。集団面接形式のため、自分にあったところを選んで紹介されるわけではない(1回あたり20社程度)
店舗の場所 新宿、池袋、横浜、大阪淀屋橋、梅田、名古屋、福岡
※近くに店舗のない地域にも、期間限定でサービスを実施している場合あり

 

※説明会が随時開催されています。興味があればまずは、説明会に参加してみてください。

公式サイトはこちら
20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門のジェイック!

 

 

就職Shop

今回紹介するなかでは、もっとも求人数が多い就職エージェントです。大手人材紹介会社であるリクルートが運営しています

 

書類選考免除で受けられ、面接対策にも力を入れています。基本的には希望にそった求人を紹介してもらえますが、希望する職種に就くのが難しい場合は現実的な提案(就職確度が高い職種の紹介)もされるようです。

 

対象職種・業界 全職種
保有求人数(企業数) 8500社以上
求人・採用の多い職種など 営業、事務・企画、エンジニア
書類選考免除 あり
ブラック企業の求人対策 全企業訪問取材
研修制度
求人紹介の方針
店舗の場所 銀座、新宿、北千住、立川、横浜、千葉、大宮、大阪、三ノ宮、烏丸
面談(受付)時間 平日の10時から18時半

 

公式サイトはこちら
就職Shop

 

 

いい就職ドットコム

登録者数20万人という既卒向けの就職支援サイトであり、エージェントサービスも提供されています。2002年から運営していて、既卒向けの就職支援サービスでは老舗に入ります。

 

サイト上で気になる求人を選んだうえでエージェントに相談できる点が、他ではあまりないサービスです。

店舗がある地域が中心ですが、求人地域としては全国のものが揃っているようです。

 

基本的には応募する求人には書類選考がありますが、会員登録しておくことで面談確約オファーを受けられる書類選考免除のサービス(あってmeオファーサービス)もあります。

 

対象職種・業界 全職種
保有求人数(企業数) 5000件以上
求人・採用の多い職種など 営業、企画・管理系、アシスタント系
書類選考免除 基本的には書類選考があるが、会員登録しておくことで面談確約オファーを受けられるサービスあり(あってmeオファーサービス)
ブラック企業の求人対策 全企業訪問のうえ、独自基準で除外
研修制度
求人紹介の方針
店舗の場所 市ヶ谷、横浜、大阪、名古屋、沖縄
※近くに店舗がない場合は電話面談・郵送対応での利用が可能
面談(受付)時間 平日の9時から18時

 

まずは気になる求人があるか、サイトをチェックしてみてはどうでしょう?

公式サイトはこちら
新卒・既卒・第二新卒の就職をサポートする“いい就職.com”

 

DMMWebCamp

IT業界のエンジニア(プログラマ・SE)を目指している人向けの就職保証付きのプログラミングスクールです。

 

研修部分が有料の就職エージェントになりますが、就職成功率は98%と高いです。

 

初心者からでもわかりやすいテキストと、チーム開発など実践を意識したカリキュラムが好評です。

3ヶ月間の研修終了後に書類選考の通った企業のみ紹介するという、少し変わった求人の紹介方法をとっています。

 

自分で応募する企業を選べないデメリットがありますが、面接から選考を受けられることになるので、書類選考免除と同じ感覚で選考に臨めるメリットもあります。

 

対象職種・業界 IT業界(プログラマ・SE)
保有求人数(企業数) 300件以上
求人・採用の多い職種など エンジニア
書類選考免除
ブラック企業の求人対策
研修制度 プログラミング研修あり
求人紹介の方針 研修終了後に求人紹介。書類選考が通ったところのみ紹介(書類提出企業はDMM WebCamp側で選定)
店舗の場所 渋谷、難波(大阪)

 

※説明会が随時開催されています。興味があればまずは、説明会に参加してみてください。

公式サイトはこちら
DMM WEBCAMP

 

 

 

コメント