転職するか悩むとき、後悔しないためには何を基準に決めればいい?

転職の不安や疑問の解決法

転職したいと思っても、するかどうかは悩みますよね。

どちらのほうが良いんだろうと迷ったり、今より悪くなったらどうしようと不安になったりしていませんか?

本格的な転職活動をはじめる前、内定がでたときの2つのタイミングで、何を基準にどのように判断すれば、後悔しない決断ができるのか紹介します。

 

転職活動をはじめる前に悩んでいる

まず最初に悩むのが、このタイミングですよね。本格的な転職活動を始める前での悩みは、ほとんどが不安からです。

 

よくある不安としては、次のようなものがあるでしょう。

  • 転職先が見つかるかどうかの不安
  • 転職すること自体への不安
  • 転職タイミングへの不安
  • 今の会社を辞めることへの不安
  • 転職活動への不安

 

自分が感じている不安を少しでも具体的に書き出して、何があれば(どのような情報があれば)安心できるのか考えてみましょう。
※のちほど、いくつか不安の解消方法をご紹介します。

 

中には自分では安心できる情報が探しにくいものもあると思います。

例えば、「もう少し経験を積んでからのほうがいい?」といった転職タイミングや、「今の会社を辞めるのはもったいない?」といった今の会社を辞めることへの不安など。

そういう場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。自分ひとりで調べるよりも効率がいいです。

 

転職エージェントは、転職すると決めてから行くものと思いがちですが、「まずは相談したい」という人もたくさん利用しているので、転職するか迷っているというタイミングで利用しても大丈夫です。

親身に相談にのってくれる転職エージェントを、最後に紹介するので参考にしてください。

 

何も行動せずにグルグル考えていても結論はでないので、なんらか行動してみることをおすすめします。

 

よくある悩み(不安)の解消法

どのような情報があれば安心できるのか、思い浮かばないという方のほうが多いですよね。

私が転職活動をしたときに不安に感じていたこと、どのような情報を探してみたのかなどを、いくつか紹介します。

 

 

今のスキルや経験で、採用してくれるところはある?

転職できそうなら本格的に転職活動を始めるけれど、なさそうならしたくないという方もいますよね。

 

そんなときに便利なのがミイダスです。いくつかの質問に答えていくだけで、想定年収と登録したら企業からどのくらいのスカウトが来るのか(求人のオファー数)などを出してくれます。

 

今のスキルや経験で転職できるのか不安なときに参考になります。

試してみるならこちらから
市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

 

今のスキルや経験で、転職先でやっていける?

初めての転職のときは、他の会社でやっていけるかな?と不安に思う人も多いですよね。

 

応募する前に求人票の募集要件をよく読んで、自分がもっているスキルや経験があっているのかを確認しました。

また、面接のときに求人企業の仕事のやり方・手順などを聞いてみました。同じ業界・同じ職種の求人に応募したときは、どの会社もそれほど変わらないことが多かったです。

 

仕事だけではなく、そもそも新しい職場に馴染めるのかどうかも気になりますよね。

 

求人票に転職者へのサポート体制が書かれているところを選んだり、面接のときに、馴染めるか不安に感じていることを確認してみました。

例えば、求人を募集している部署に同じような年齢や性別の人がいるのかや、その会社に転職してきた人がどのくらいいるのかなど。

 

面接官側から、「こういうタイプの方は馴染めずに続かないことが多かったのですが、大丈夫ですか?」と質問されることもよくありました。

 

いまの状況で転職したほうがいいのか?

今の状況で転職したほうがいいのか、それとももう少し今の会社で頑張ったほうがいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

これは、転職エージェントに登録して、相談にのってもらいました。

次のようなことが当てはまる場合は、今の会社で働き続けたほうがいいと言われました。

  • 人間関係のよい職場の人
  • 大企業に勤めている人
  • 今の会社でやれることがある人
  • プライドの高い人

 

この他に、今のスキルや経験で応募できる求人がどのくらいあるのかなども見て、アドバイスをしてもらえました。

 

女性の転職は結婚前後どっちがいいの?

女性の場合は、結婚する前に転職したほうがいいのか、結婚後でも転職できるのか(家庭を優先するとみられて採用が不利にならないか)気になりますよね。

これはネットで調べたり、転職エージェントに相談してみました。

 

おすすめは結婚前です。

※結婚前がおすすめの理由などは、こちらの記事で紹介しています。

 

ですが、結婚していたとしても仕事への意欲があり、スキルや経験が合えば採用されるので、結婚しているから転職をあきらめる必要はないそうです。

 

内定がでて悩んでいる

一番悩むのが、このタイミングですよね。

内定がでた会社に転職するのか、今の会社に勤め続けるのか。複数の会社から内定がでたなら、どちらに転職するのかも悩みますよね。

 

何かを比較するときは、視覚化(見える化)すると分かりやすいです。紙などに書き出して、どちらがいいか比べてみてください。

 

比較する内容は、次の3つ。

  • 転職目的がどのくらい叶えられるか?
  • 希望条件はどのくらい満たされるか?
  • 不安に感じていることはないか?

 

色々な求人をみたり、選考が進んでいくと、転職する目的がぶれてしまいがちです。特に年収(給料)がいいほうにぶれやすいです。

転職する目的が叶わないと、入社してもまた転職したくなってしまうので、まずはここをしっかり比較します。

 

今の会社、内定先を比較して、こちらの会社のほうが明らかにいいという点を、見つけましょう(=選んだ理由をはっきりさせます)。

明らかにこちらの方が良かったからと思えれば、転職後(もしくは残ると決めた後)に何かあっても自分の判断に自信がもて、後悔せずにすみます。

 

詳しい比較の仕方や、その他の注意点などは、こちらで紹介しています。

 

まとめ

転職するかどうか悩むのは、本格的な転職活動を始める前と、内定がでたときの2つのタイミングだと思います。

 

本格的な転職活動を始める前に悩んでいる場合は、ほとんどが不安からくる悩みです。

漠然と不安に感じているものを具体的に書き出して、何があれば(どんな情報があれば)安心できるのか考えてみてください。

 

「何があれば」が思いつかない時は、転職エージェントに相談してみてもいいでしょう。自分ひとりで調べるよりも効率がいいです。

何も行動せずに一人で考えていても結論はでないので、なんらか行動してみることをおすすめします。

 

親身に相談にのってくれる転職エージェントを紹介するので、参考にしてみてください。

 

パソナキャリア

オリコンの顧客満足度ランキングで、2019年の転職エージェント部門1位(「担当者の対応」「紹介案件の質」「交渉力」「利用のしやすさ」で1位評価)に選ばれています。

 

転職希望者に寄り添った親身なサポートが好評で、『担当のキャリアアドバイザーが、自分に向いていて経験がある仕事を一緒に考えてくれたおかげで転職できた』と評価されている方もいました。

 

保有求人は約5万件以上と、リクルートエージェントやDODAに次ぐ規模です。
希望にあう求人に絞って紹介する方針とのことで、紹介される求人数は少なく感じるかもしれませんが、求人の質はよかったです。

公式サイトはこちら
転職エージェントのパソナキャリア

 

doda転職エージェント

業界No2の転職エージェントで、保有求人数は10万件以上と幅広い業界・業種の求人が揃っています。

キャリア相談にも親身に応じてもらえ、同じような求職者の成功例も教えてもらえるので、自分もきっと転職できるという気持ちになれます。

 

私は、転職するかしないか悩んでいるときに利用しましたが、判断する基準(転職をすすめる、すすめないの両方)と、その理由をきちんと説明してもらえ、それが納得できるものだったので迷いなく転職活動ができました。

 

電話やメールでこまめにサポートしてもらえるので、相談もしやすいです。

公式サイトはこちら
業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODA

 

マイナビエージェント

第二新卒(新卒1年~3年以内)の転職や、20代の転職を得意としている転職エージェントです。転職サイト「マイナビ転職」や、新卒向けの「マイナビ」なども運営しています。

 

親身で丁寧なカウンセリングだったという評価が多く、『新卒で入った会社が合わず求人選びに悩んでいたけれど、性格などから適職を診断したうえで求人を紹介してもらえたので、未経験の業界でも安心して転職活動が出来た』という20代の方もいました。

 

求人は、IT・通信業界、メーカー、サービス業界が多く、関東・関西の企業が中心です。30代後半や地方の方向けの求人は少ないので、他を利用されることをおすすめします。

公式サイトはこちら
マイナビAGENT

 

リクルートエージェント

業界No1の転職エージェントです。非公開求人が20万件以上と、ぐんを抜いて多いです。

他の転職エージェントでは求人が少ない業界や業種も、リクルートエージェントならあると言われています。
※販売職などのサービス業の求人は少ないので、断られる場合があります。

 

転職実績数も多く、各業界・業種の転職事情にも詳しいので、転職活動に感じていた不安や疑問にとても丁寧に答えてもらえました。

担当者によってはサポートが淡泊だったり、強引さを感じた利用者もいるようなので、不安な方は他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

公式サイトはこちら
リクルートエージェント

 

内定がでて悩んでいる場合は、視覚化(見える化)して比較すると、結論を出しやすいです。

比較する内容は、次の3つ。

  • 転職目的がどのくらい叶えられるか?
  • 希望条件はどのくらい満たされるか?
  • 不安に感じていることはないか?

 

転職する目的が叶わないと、入社してもまた転職したくなってしまうので、まずはここをしっかり比較して、「こちらの会社を選んだほうが、あきらかにいい」という点を見つけましょう(=選んだ理由をはっきりさせる)。

 

コメント