華のキャリアライフ

転職、スキルアップ、資格などの情報を体験談を交えてお届け。

転職の不安や疑問の解決法

応募する求人数は、平均応募社数や選考通過率を参考に決めよう

行きたいと思った1社に応募して、すんなり採用してもらえたらすごく楽ですが、なかなかそうはいかないのが転職活動です。

実際に転職できた人は、どのくらい応募して内定をもらったのでしょう?みんなの平均応募社数を目安に応募してみましょう。

平均応募社数は?

年代別平均応募社数

マイナビ転職によると、応募社数の平均は8.4社で、年齢が上がると増える傾向にあるそうです。
20代は6社~7社、30代は8社くらい、40代は10社以上ですね。

 

~19歳 4.1社
20~25歳 6.3社
26~30歳 7.1社
31~35歳 8.2社
36~40歳 8.7社
41~45歳 10.1社
46~50歳 12.1社
51~55歳 14.5社
56~60歳 14.5社
61歳以上 15.2社
引用元:平均応募社数や選考通過・内定の確率はどれくらい?

 

転職の選考通過率は、年代によって違います。40代と比べると20代のほうが内定は出やすいです。

 

20代のうちはスキルや経験がなくても採用した後に育てればいいという発想になりますが、年齢が上がれば即戦力として期待されるので、活躍できるスキルがあるかが厳しくみられます。

 

なので、平均応募社数をみるときは、同じ年代を参考にするようにしましょう

 

できれば、年齢、スキル、目指す業界や職種が同じ人を参考にできるのがベストですが、ネットではなかなか公表されていません。大手の転職エージェントならそういった情報を持っているので、利用する場合は聞いてみましょう。

 

平均応募社数を参考にするときの注意点

平均応募社数には転職しなかった人が含まれていない

マイナビ転職の平均応募社数をみて、意外と少ないなと思いませんか?

転職活動をした経験からすると、少ないと感じました。自分のケースでは、20代は3社~5社、30代40代では10社~15社くらいだったと思います。

 

調べてみると、平均応募社数は転職サービスによって違います。

マイナビ転職 8.4社
リクナビネクスト 7.5社
DODAエージェント 17.7社

 

各社で公表されている平均応募社数は、転職成功した人の応募した数の平均です。転職活動を始めてみたものの、思ったように内定がでずにやめてしまった人は含まれていません。

 

選考が通らないことが続くと、今のスキルでは転職できないんじゃないかと落ち込むこともあります。

1人だと転職活動をやめてしまいがちですが、転職エージェントの場合はフォローしてくれるので内定が出るまで続けられる場合が多いです。

 

DODAエージェントの平均応募社数はマイナビ転職の倍ですが、リクルートエージェントで聞いた平均応募社数もだいたい同じくらいでした。転職エージェントでは、内定がでるまで続けられた人が多くなり、平均応募社数も多くなっているのかもしれません。

 

DODAエージェントでは、年代別のほかに職種別や業種別、男女別などの平均応募社数が記載されているので、興味のある方は見てみてください。
参考:DODAエージェント - 転職成功者の平均応募社数

 

キャリアチェンジ転職は平均よりかかるケースも

転職では即戦力になることが求められることが多いので、経験が少ない業界や職種は選考通過率が落ち、内定をとるまでの応募社が増える傾向にあります。

 

経験が少ない職種や未経験の職種など、キャリアチェンジを目指す転職では、平均より少し多めを目安にするといいかもしれません。

 

応募したい求人が平均応募社数までない場合は?

転職サイトや、転職エージェントに登録して求人を探してみたけれど、5社も10社も受けたいと思う会社がないという場合もありますよね。

そういうとき、「興味がなくても、とりあえず応募したほうがいいのか」悩みませんか?。

 

応募したい求人が見つからない理由は、いくつかあるでしょう。

  • 希望条件が厳しくて、求人数が少ない
  • 求人の探し方になれてなく、見つけられなかった
  • 登録した転職エージェントや転職サイトが、希望する条件の求人を得意としていなかった

 

1つの転職サイト、エージェントだけで、平均応募社数まで求人をみつけようとすると難しい場合も多いです。
そういう場合は、別の転職エージェントに登録してみましょう。何社か登録してみると、意外と見つかるものです。

 

興味はないけれどスキルや経験は合いそうだからと「とりあえず応募してみる」は、おすすめしません。

そこ以外に内定が出ず、しかたなく転職しても、楽しく働けないでしょう?

 

たしかに面接であってみたら「この会社の人達、すごく雰囲気がいい」と思う会社ってあります。少しでも興味があるなら、とりあえず応募してもいいですが、仕事内容が嫌なら辞めておきましょう。しばらくするとまた転職したくなってしまいます。

 

「この仕事をしてもいいな」と思うところに応募することをおすすめします。

関連記事

とりあえず応募しまくるをしてみて分かった効果と悪影響、複数応募のコツは?

短期で転職先を決めるために、「希望と違ったとしても、少しでも興味をもったら、とりあえず応募したほうがいい」と言われています。 でも...

 

まとめ

平均応募社数は、自分と状況が同じ人を参考にしましょう。ネットではまったく同じ状況の人を探すのは難しいので年代別の応募社数を参考にするといいでしょう。

大手の転職エージェントなら情報を豊富に持ってします。利用する場合は同じような年齢、スキルの人の応募社数を聞いてみましょう。

 

応募したいと思う求人がない場合は、「興味がないけれどもとりあえず応募する」のではなく、他の転職サイトや転職エージェントに希望する求人がないか探してみましょう。何社か登録してみると出会う事ができます。

 

リクルートエージェント

大手や知名度のある企業の求人が多く、扱っている業界も広い。さすが業界No1エージェントと言われるだけあるという感じです。

求人数だけでなく、職務経歴書や面接サポートも充実しています。
アドバイスは少し定型的と感じるかもしれません。転職活動について不安や疑問があるなら、こちらからどんどん質問していったほうがいいタイプのエージェントです。

サポートしている求職者数も多いので、成功事例や面接などで聞かれる質問など、豊富に情報をもっています。

申し込みはこちらから
リクルートエージェント
 

DODA転職エージェント

業界No2の転職エージェントです。中堅~大手、知名度のある企業の求人、幅広い業界・業種の求人が揃っています。
キャリア相談にも親身に応じてもらえ、同じような求職者の成功例も教えてもらえました。
職務経歴書や面接サポートも充実していて、積極的にアドバイスをもらえました。

申し込みはこちらから
業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODA
 

パソナキャリア

中堅~大手、知名度のある企業の求人、幅広い業界・業種の求人が揃っています。
派遣のイメージが強く、転職エージェントとしての質に不安を感じる人もいるかもしれませんが、利用してみると求人数、サポート力ともに高かったです。

転職したい理由や希望を丁寧にヒアリングしてくれて、希望の仕事につくために職務経歴書の書き方を具体的にアドバイスしてもらえました。書類選考がとおると、求人企業に精通した担当者から事前アドバイスがもらえる点も良かったです。

申し込みはこちらから
パソナキャリアの転職支援サービスに登録する
 

 

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職の不安や疑問の解決法

PICK UP!

1
転職で年収がアップするか手軽に診断できるサービス使ってみた?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

2
MIIDAS(ミイダス)は実際に転職できる年収が手軽にわかる 試してみる価値あり

  実際にMIIDAS(ミイダス)を使ってみて良かったのが、いくらの年 ...

3
DODAエージェントの体験談 面談はしつこかった?

DODAの転職サイトは、登録した時にちょっと後悔しました。 登録した翌日、業務時 ...

4
リクルート面接力向上セミナーの感想、実際の面接で役立ったこと

リクルートエージェントが主催する「面接力向上セミナー」に参加してきました。 面接 ...

5
ジェイックの紹介企業はどんなところ?ブラック企業の心配はない?

ジェイック(JAIC)は、20代のフリーターや第二新卒者向けに、正社員での就職を ...

6
ジェイックの評判、研修は厳しい?訪問して分かったクチコミの理由とは?

ジェイック(JAIC)は、20代のフリーターや短期離職者(就職後に半年以内で会社 ...

7
JACリクルートメントの求人の質はよかった?面談などの体験談を紹介

JACリクルートメントは、転職活動をしていた友達にも紹介したほど、キャリアアドバ ...

8
ビズリーチの評判や特徴、登録してメリットを感じたのはどんな人?

  ビズリーチは、求人への応募など一部のサービスが有料の転職サイトです ...