華のキャリアライフ

転職、スキルアップ、資格などの情報を体験談を交えてお届け。

転職 転職・求人サイト 転職エージェント

転職サイトと転職エージェントの違いは?

初めての転職活動。

転職サイトと転職エージェントのサービスに申し込んだほうがいいと思っていても、具体的にどう違うの?と疑問だったりしませんか?

それぞれの特徴を、メリットデメリットを交えつつ紹介します。

stationery-note-1701161-m

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの違いは、自分ひとりで転職活動を行うのか、キャリアコンサルタントにサポートをしてもらいながら転職活動を行うのかになります。

※転職エージェントで求職者のサポートをしてくれる人を、キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーと呼びます。

求人、応募での違い

転職サイトの場合は、
・誰でも会員登録できる
・会員登録すれば、すべての求人を見ることができる
・職種や勤務地などの条件で、自分で求人を探すことができる
・興味のある求人に、自分で(直接)応募できる
・基本的なサービスは、無料で利用できる
・利用期限はない

※ビズリーチのように、会員の種類によって見れる求人に制限があったり、一部サービスが有料の転職サイトもあります。

転職エージェントの場合は、
・転職サービスに申し込んでも、紹介してもらえる求人がないと、サポートを断られる場合がある
・転職サービスに申し込んでも、すべての求人を見ることはできない(非公開求人)
・キャリアコンサルタントが、求職者の経歴や希望を聞き、転職できる可能性が高い求人を紹介してくれるので、自分で探す手間が省ける
・興味をもった求人へは、キャリアコンサルタントが応募手続きをしてくれる。
・基本的なサービスは、無料で利用できる
・利用期間が決まっている場合もある(例:3か月まで)

転職サイトは、そのサイトに登録されている求人をすべて見れる反面、大量の求人の中から自分の希望に合う求人を探す作業は、かなり大変です。

また、募集している会社の情報など、求人票に書かれていること以外は、ネットなどで自分で探すしかありません。

転職エージェントの最大の難点は、紹介された以外の求人を知ることが出来ないことです。

もしかしたら、紹介された求人よりもっと行きたい求人があるかもしれないけれど、自分ではわかりません。

私は、転職エージェントのスカウトメールに書かれていた求人に応募したくて、(スカウトメールに返信して)面談の予定を入れたのに、当日紹介された求人に目当てのものがなく、興味があることを伝えて紹介してもらったことがありました。

逆に転職エージェントの求人、応募関連の最大のメリットは、求人票に書かれている以外の情報、例えば自分では聞きづらい残業時間や福利厚生、社風などの情報を教えてもらえることです。

heart-1701161-m

書類選考、面接での違い

転職サイトの場合は、
・自分で選考書類を提出し、選考結果の連絡を待つ
・面接の日程調整などの準備を自分で行う

転職エージェントの場合は、
・選考書類の提出や選考結果の連絡は、キャリアコンサルタントが行う
・面接の日程調整も、キャリアコンサルタントを通して行う
・他の応募者の面接内容を、教えてもらえる
・職務経歴書の添削や、模擬面接などのサービスを受けることができる

転職エージェントを利用して応募した場合の最大のメリットは、受かる可能性を上げるためにフォローしてもらえる点です。

例えば、応募するのにちょっとスキルが足りなくても、推薦状のようなものをつけてくれたり、面接後に企業の担当者にフォローのメールや電話を入れてくれたりします。

また、面接前に他の応募者が受けた質問や、面接の雰囲気などの情報を教えてもらうことができます。

ある企業を受けた時、面接時間が10分程度と短いケースがありました。(たいてい、30分から1時間程度はかかります)

「面接時間が短くても、受かる人は受かるので気にしなくて大丈夫ですよ」と、担当のキャリアアドバイザーから聞いていたので、短時間で終わっても驚きませんでしたが、知らなかったら「落ちたかも、何がいけなかったんだろう・・・」と無駄に悩んでいたと思います。

落ちた場合でも、転職エージェント経由の場合は、どんな点は良かったのか、なぜ受からなかったのか、企業担当者から情報をもらってフィードバックしてもらえます。

この情報、次の会社の面談を受ける時に改善すべき点なので、とても重要です。

転職サイト経由で応募した場合は、一般的なお断り連絡で済まされてしまう場合が多く、何が悪かったのか自分でアレコレ考えてみるしかありません・・・

woman-1701111-m

入社交渉での違い

転職サイトの場合は、
・自分で、給与や入社時期の交渉をしなければならない

転職エージェントの場合は、
・キャリアコンサルタントが、給与や入社時期を交渉してくれる

給与の交渉を自分で行うのは、けっこう精神的に疲れます。

特に年収アップを希望している場合は、難航する場合が多いです。

特に女性は、こういう交渉を苦手な方が多いのではないでしょうか?

私は自信がなく弱気だったので、採用してもらえるなら少し給与を下げてもいいかな・・・なんて思っていたのですが、「今の年収で十分通用するので、現状もしくはちょっと上で交渉します」とキャリアコンサルタントの方に言ってもらえて助かりました。

逆に転職エージェントのデメリットは、受かった場合の入社圧力があることです。
入社しないと、転職エージェントにお金が入らないので、ちょっと強引な担当者も中にはいます。

でも、他の会社と迷っているなら待ってもらってもいいですし、受けてみたらイメージと違ってそれほど行きたくないと思ったなら、断っても大丈夫です。

気が乗らないのに強引さに負けて入社して、「こんなはずじゃなかった」と後悔しながら仕事生活を送るほうがよっぽど問題です。

この点さえ、しっかり押さえておけば、転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。

転職サイト、転職エージェント、それぞれのメリット・デメリットをおさえて上手に使って、転職活動を進めてください。

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職, 転職・求人サイト, 転職エージェント

PICK UP!

1
転職で年収がアップするか手軽に診断できるサービス使ってみた?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

2
MIIDAS(ミイダス)は実際に転職できる年収が手軽にわかる 試してみる価値あり

  実際にMIIDAS(ミイダス)を使ってみて良かったのが、いくらの年 ...

3
DODAエージェントの体験談 面談はしつこかった?

DODAの転職サイトは、登録した時にちょっと後悔しました。 登録した翌日、業務時 ...

4
リクルート面接力向上セミナーの体験談、受かる手ごたえは感じれた?

リクルートエージェントが主催する「面接力向上セミナー」に参加してきました。 書類 ...

5
ジェイックの紹介企業はどんなところ?ブラック企業の心配はない?

ジェイック(JAIC)は、20代のフリーターや第二新卒者向けに、正社員での就職を ...

6
ジェイックの評判、研修は厳しい?訪問して分かったクチコミの理由とは?

ジェイック(JAIC)は、20代のフリーターや短期離職者(就職後に半年以内で会社 ...

7
JACリクルートメントの求人の質はよかった?面談などの体験談を紹介

JACリクルートメントは、転職活動をしていた友達にも紹介したほど、キャリアアドバ ...

8
ビズリーチの評判や特徴、登録してメリットを感じたのはどんな人?

  ビズリーチは、求人への応募など一部のサービスが有料の転職サイトです ...