華のキャリアライフ

転職、スキルアップ、資格などの情報を体験談を交えてお届け。

転職

書類選考が不採用になる理由が職務経歴書の弱さなら、リファラル採用という手段を考えてみる

2016/08/20

体調不良による休職などがあると、書類選考で不採用になることが多いですよね。

でも、あきらめないで。
最近、注目されてきているリファラル採用なら転職できるかも!

優秀な人材が採用できると注目のリファラル採用

リファラル採用とは

社員などから、必要としているスキルをもった知人を紹介・推薦してもらい採用候補者として選考する、採用手法のことです。
アメリカでは、最も採用者数が多い採用経路になっているそうです。

米の採用コンサルティング会社CareerXroadsの調査では、2012年時点の米での採用経路ではリファラル採用が採用全体の28%を占め、採用経路全体で第1位である。

縁故採用の形態の一つですが、自社にあった人材を採用することが目的なので、昔のコネ入社といったマイナスなイメージのものとは違います。

なぜリファラル採用が注目されているの?

いまリファラル採用が注目、採用されているのは、企業にとってメリットが大きいからです。
企業側からみたリファラル採用のメリットは、主に3つあります。

1)人材紹介会社や求人サイトなどを利用した採用手法と比べて、コストが安い

求人サイトに掲載するだけでも数十万~という費用がかかるそうです。
その間に応募者がくるとは限りません。

とくに起業してまもない、まだ名前が広まっていない企業の場合は、なおさら応募者が集まりません。
なので、ベンチャー企業などでリファラル採用を取り入れる企業が増えています。

DeNAも起業間もないころ、『自分より優秀な人を連れてきて』と社員に声をかけて、必要な人材を集めたそうです。

2)スキルレベルなどのアンマッチがおこりづらい。

職務経歴書や面接を繰り返して慎重に選んだとしても、実際に働いてみたら想定していたスキルレベルと違ったということは、よくあります。
その点、一緒に働いたことがある社員から紹介してもらうことで、そのギャップが防げます。

また、職務経歴書では分かりにくいコミュニケーションスキルや、マネジメントスキルなども、一緒に働いたことがある人から聞けるので、必要な人材かどうか判断しやすくなります。

3)離職率が低い。

どんな社風なのか、仕事の進め方や他の社員の様子など、事前に会社のことを伝えてもらうことで、応募者に合う会社なのかどうか判断してもらうことができます。
その上で入社してもらえるので、企業文化とのアンマッチが防げます。

また、知り合い社員がいることで、他の社員とも馴染みやすいですし、入社後のフォローなども行いやすくなります。

企業にとって、せっかくコストをかけて採用したのに、すぐに辞めてしまわれるのは非常に痛いですから、離職率が低いというのは大きなメリットだと思います。

リファラル採用を実践している企業

リファラル採用を実践している企業を調べてみましたが、少ない印象です。
社内向けの施策なので情報を公開している企業が、少ないのかもしれません。

メルカリ
株式会社LIG
アクセンチュア・ジャパン
面白法人カヤック
gloops(グループス)

リファラル採用を利用して転職した事例

休職がひびき書類選考が不採用

ある職場で一緒だったMさん。

「仕事が生きがい」と話すくらい仕事好きです。
早出も残業もいといません。
勤務時間が長いことが問題になり、上司から早く帰ってと言われてしまうくらいです。

会社への貢献も常に意識し、成果を出すべくチームを育てています。

そんな彼女は、リファラル採用で入社した一人です。

前職はベンチャーで急成長したIT企業でした。
マネージャーとして複数プロジェクトを任されていましたが、体調をくずして休職。
復職への話し合いはしたものの、結局退職せざるをえない状況になったそうです。

転職活動をしますが、休職がひびき書類選考がほぼ通らなかったそうです。
「面接までいければ、採用されるだけの熱意と実績はある」と自信をもっていた彼女。

転職していった昔の上司や同僚と、積極的に連絡をとりました。
この時、できるだけ少人数(2人~4人程度)で会うのがコツだそうです。
人数が多いと表面的な話題になりがちで、今いる企業の具体的な話しがでにくく、次につながる機会にならなかったそう。

以前の仕事ぶりを知っている上司から声がかかり、無事採用がきまりました。
いまでは、本当に楽しそうに仕事をしています。

久しぶりに昔の同僚にフェイスブックなどで連絡をとってみませんか?
直接採用に繋がらなくても、縁がつながるかもしれません。

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職

PICK UP!

1
転職で年収がアップするか手軽に診断できるサービス使ってみた?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

2
MIIDAS(ミイダス)は実際に転職できる年収が手軽にわかる 試してみる価値あり

  実際にMIIDAS(ミイダス)を使ってみて良かったのが、いくらの年 ...

3
DODAエージェントの体験談 面談はしつこかった?

DODAの転職サイトは、登録した時にちょっと後悔しました。 登録した翌日、業務時 ...

4
リクルート面接力向上セミナーの体験談、受かる手ごたえは感じれた?

リクルートエージェントが主催する「面接力向上セミナー」に参加してきました。 書類 ...

5
ジェイックの紹介企業はどんなところ?ブラック企業の心配はない?

ジェイック(JAIC)は、20代のフリーターや第二新卒者向けに、正社員での就職を ...

6
ジェイックの評判、研修は厳しい?訪問して分かったクチコミの理由とは?

ジェイック(JAIC)は、20代のフリーターや短期離職者(就職後に半年以内で会社 ...

7
JACリクルートメントの求人の質はよかった?面談などの体験談を紹介

JACリクルートメントは、転職活動をしていた友達にも紹介したほど、キャリアアドバ ...

8
ビズリーチの評判や特徴、登録してメリットを感じたのはどんな人?

  ビズリーチは、求人への応募など一部のサービスが有料の転職サイトです ...