華のキャリアライフ

転職、スキルアップ、資格などの情報を体験談を交えてお届け。

転職の不安や疑問

転職するために平均応募数まで受けろと言われるけど、意味あるの?

大手の転職エージェントを利用すると
平均応募社数を目安に応募してください
「希望と違ったとしても、少しでも興味をもったら受けてください」
と言われることがあります。

いわゆる「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」戦法。

これ、意味あるの?」と思いますよね。
私もそう思っていました。

で、言われた通り応募してみて分かったのは「確かに一理ある」ということ。
実際にやってみて感じたメリット、デメリットを紹介します。

平均応募社数はどのくらい?

そもそも「内定をもらうまで、みんなは何社くらいに応募しているんだろう?」って気になりますよね。

マイナビ転職によると、応募社数の平均は8.4社で、年齢が上がると増える傾向にあるそうです。

20代は6社~7社、30代は8社くらい、40代は10社以上ですね。

~19歳 4.1社
20~25歳 6.3社
26~30歳 7.1社
31~35歳 8.2社
36~40歳 8.7社
41~45歳 10.1社
46~50歳 12.1社
51~55歳 14.5社
56~60歳 14.5社
61歳以上 15.2社
引用元:平均応募者数や選考通過・内定の確率はどれくらい?

リクルートエージェントやDODAエージェントの面接セミナーでは、15社くらいと聞いていたので、ちょっと少ない印象を持ちました。

試しにリクナビネクスト、DODAエージェントが公開している平均応募社数を調べてみると、リクナビネクストが7.5社、DODAエージェントが17.7社
DODAエージェントが多いですね。
参考:リクナビNEXT 転職するときの適切な応募数とは?
参考:転職成功者の平均応募社数

マイナビ転職とリクナビネクストは転職サイトで、転職希望者が自発的に応募した件数の平均ですが、DODAエージェントの場合はキャリアコンサルタントが積極的に応募することを促す傾向にあるので、平均応募社数が多いのかもしれません

マイナビ転職のデータでは、年齢が上がると社数も増えていますね。

年齢以外で社数が増えるケースが、キャリアチェンジ転職(経験が少ない職種や未経験の職種への転職)です。
転職では即戦力になることが求められることが多いので、経験が少ないと選考通過率が落ち、内定をとるまでの応募社が増える傾向にあります。

キャリアチェンジ転職の場合は、平均より少し多めを目安にするといいかもしれません。

職種によっても内定までの難易度は変わります。
転職エージェントを利用されるのであれば、自分と同じような条件(年齢や職種、地域)転職希望者の応募社数を聞いてみましょう。

平均応募社数まで応募するメリット・デメリット

実際に平均応募社数を目安にガンガン応募してみて分かったことは、確かにある程度の数を受けることにはメリットがあるということ。

転職エージェントが、「とにかく数を受けて!!」という気持ちが分かりました。
なぜなら、転職できる確率が上がるから。

メリット

私が感じたメリットは、こちら。

  • 書類選考って意外に通ると思える
  • 気づいていなかった自分の経歴の強みを知れる
  • 面接に慣れる

書類選考って意外に通ると思える

年齢が上がってからの転職活動で一番感じるのは、書類選考の厳しさ。
「20代の頃はわりと面接に進めたのに、書類選考で落ちるなー」と。

特にキャリアチェンジを目指した転職活動は、かなり厳しかったです。
半年くらいかけて、それなりの求人数に応募したつもりだったけれど、ほとんど通過した記憶がない。

ところが、転職エージェントの方に従って2週間くらいでガンガン応募してみたら、「あれ?意外に書類選考って通るんだ」という感覚に変わりました

実はこれ、錯覚です。
かなりの数、落ちています。

でも書類選考が通る求人も、ちらほらある。
自分の気持ちが、選考が通ったほうに向いているから、落ちた求人が気にならないんです。

たしかに、すごく行きたいと思っていた求人に落ちると「あーーー、落ちたか残念」とは思います。
でも、「そんなことより面接準備しないと!!」と前を向けるんですね。

書類選考や面接に落ちると、自分自身や今までの経験が否定されたように感じて、へこみます。
それが続くと、「私のスキルや経験では、とても転職なんて出来ないのかな・・・」と辛くなって、転職活動を辞めてしまう。

選考が通った求人に気持ちが向かうと、この自己否定をせずに済むので、転職活動の辛さがかなり和らぎます

気づいていなかった自分の経歴の強みを知れる

企業には、求人票には書いていない求めるスキルや経験があったりします。
求人票に記載するほどの条件じゃないとか、求人票に書くと応募者が減る可能性があるので(経験している人が少ないだろうから)書いていないとか。
そういうのが、面接を受けると分かります。

面接で聞かれる質問や、面接官から説明される企業の情報などから、「あーなるほど、この経験(もしくはスキル)が、書類選考に通った理由か・・・」と気づきます。

私の場合だったら、会社で利用していたシステムが同じだったとか、新規ビジネスの立ち上げ経験とか、自己PRに書いた仕事の仕方とか。

応募して面接まで進んでみないと分からない。
でも、1社評価されたということは、同じような背景や状況の会社も評価してくれるかもしれません。

実際、そのあとにに面接まで進んだ企業の中には、同じような会社規模だったり、募集している求人の背景が似ているところがありました。
ここもか!という感じです。

それが分かれば、同じ職種の求人の中でも、似たような条件のものを選べば、書類選考が通る可能性が上がるかもしれません。ちょっと気持ちが楽になりますよね。

面接に慣れる

面接は、場慣れしていることも選考通過率が上がる一つの要因になります。

同じ職種の場合、聞かれる質問は似てきます。

最初の企業で答えられなかったら、次の面接までには答えを考えますよね。
そうすると、次は答えられる。

何度も何度も自己PRをしていると、最初はたどたどしかったものが、すらすら自信をもって話せたりします。

初めての面接では、緊張して相手の質問の意図をくみ取れなくて、かみ合わない答えを返してしまっていても、2社目、3社目はだいぶ落ち着いて相手の質問を聞けるようになります。

これが半年くらいかけて転職活動をしていて、ときどき面接に行くと同じ回数面接を受けているのに、なかなか慣れないんです。
毎週面接に行っていたら、必然的に慣れてきます。

なので、面接の選考通過率も上がって、最終的に内定に結び付くんですよね。

デメリット

いくつも面接に進むと、疲れてきます。
これが一番のデメリットな気がしますが、それ以外で感じたものはこちら。

  • 意欲の低いところも応募してしまう
  • 面接の日程調整が難しくなる

意欲の低いところも応募してしまう

数を意識するあまり、「内定がでても行かないけれど、応募だけしてみるか」と申し込んでしまうところがありました。

これ、お勧めしません。
面接に行って後悔しました。

行くつもりもないのに面接に行くのは、気分が憂鬱なだけでなく、事前準備も負担になります。

面接では質問がないか必ず聞かれるので、応募先のことを調べて7~10個くらい用意しました。
時には店舗に行ってみたり、実際に商品を買ってみたり、サービスを利用してみたり・・・もしてみました。

7個も質問を考えておくのは、半分くらいは面接の場で、担当者から説明されて質問する必要がなくなってしまうからです。

ここまでする必要はないかもしれないのですが、面接の場で質問できず、いたたまれない気持ちになるのは、避けたかったんですよね。

面接官にとって、こちらからの質問がないのってショックだそうです。
入る意思が低いのに受けたのはこちらの事情で、面接官の方には関係がないことなので、失礼なことはしたくなかったんですよね。

面接の日程調整が難しくなる

書類選考が複数通ると、面接の日程調整が難しくなってきます。

面接の日程調整って、意外に時間がかかるんです。
企業側から候補が出されるんですが、おそらくその時点では面接官の日程を抑えられていない。

こちらから候補日を返しても2日~3日くらい回答が返ってこないことや、決まらず再度調整しなおしということもありました。
調整中で出している日時は、他の企業の面接候補日時には入れられないので、返せる日時が少なくなります。

また、仕事が忙しいと、その調整もなかなか大変です。
夜に面接をしてもらえる会社でも、定時を目安に会社を上がらないと間に合わなかったりします。

私は、残業が少ない会社が希望条件の一つだったので、求人企業の中には業務時間中のみ面接可という所もいくつかありました。
頻繁に会社を休むことになるので、休みをもらう言い訳を考えるのが大変でした。

まとめ

短期間にある程度の数に応募するのは、確かにメリットがあります。
内定を得られる確率が上がりそうとも感じました。

ですが、2週間で焦って応募しなくてもよかったんじゃないかとも思っています。
もし転職エージェントを利用するつもりなら、応募のペースは担当のキャリアコンサルタントと相談してみてください。

内定をもらえたら行くと思える求人を複数の転職エージェントや転職サイトで探して、1ヵ月くらいかけて平均応募社数より多めを受けることを目指しても良かったんじゃないかと、今は思っています。

みなさんの転職活動の参考になれば、幸いです。

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職の不安や疑問

PICK UP!

1
DODAエージェントの体験談 面談はしつこかった?

DODAの転職サイトは、登録した時にちょっと後悔しました。 登録した翌日、業務時 ...

2
リクルート面接力向上セミナーの体験談、受かる手ごたえは感じれた?

リクルートエージェントが主催する「面接力向上セミナー」に参加してきました。 書類 ...

3
JACリクルートメントの体験談、面談や求人の質は良かった?

口コミでの評判がいい! これが、JACリクルートメントに登録してみたきっかけでし ...

4
ビズリーチ・ウーマンの評判は?働く女性が希望を持てる求人はあった?

「こんな求人が出ているんだ、この仕事なら転職したい!」 ビズリーチウーマンに掲載 ...

5
転職で年収がアップするか手軽に診断できるサービスを使ってみたい?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

6
女性の転職でリクナビネクストを登録するメリットはある?

転職した人の8割が登録したという「リクナビNEXT」。 「私も登録しておこうかな ...

7
ビズリーチの評判は?転職したいと思える年収の求人はあった?

私が登録したきっかけは、ビズリーチを利用していた友人にすすめられたからでした。 ...