華のキャリアライフ

転職、スキルアップ、資格などの情報を体験談を交えてお届け。

転職エージェント 職務経歴書・面接対策 転職の不安や疑問

リクルート面接力向上セミナーの体験談、受かる手ごたえは感じれた?

リクルートエージェントが主催する「面接力向上セミナー」に参加してきました。

書類選考が通ったのはうれしいけれど、面接が不安で、すごく憂鬱だったんです

このセミナーを受けて、その不安が、風船の空気が抜けるように、シュルシュルと小さくなりました

自己PRって、こう組み立てたらいいんだ!
求人票って、こう見たら面接に役立つんだ!

このセミナーで学んだことを全部できたら、”きっと受かる”そう思える内容でした。

面接力向上セミナーとは

セミナー概要

面接本番で気を付けるべき点、基本的な立ち居振る舞いだけでなく、企業(面接官)視点での自己PRや転職理由の組み立て方などの事前準備も含め、採用される面接に必要なことをトータルで学べます

セミナーを受講した人の面接通過率が15%もアップし、受講者アンケートで「大変満足」「満足」と回答している割合が97%と、受講効果と満足がとても高いセミナーになっています。

このセミナー、リクルートエージェントのサービスに申し込めば無料で受けられます。
でも、この内容ならお金を払ってもいいな、そう思えるくらい良かったです。

セミナー時間と形式

セミナーは、スライドと動画を用いながら行われる講義形式です。
所々に受講者がワークをする時間があります。

資料は、スライドを印刷したテキストと、ソーシャルタイプ別面接アドバイスの2つ。

セミナーの中ではテキストのみを使用し、ソーシャルタイプ別面接アドバイスは持ち帰って各自で行います。

受講者の模擬面接などは行われません。
リクルートエージェントでは、模擬面接のサービスもあるので、別途希望すれば受けられます。

講師の女性は、ご自身も転職経験があり、企業での採用業務に従事したのち、リクルートエージェントでキャリアコンサルタントをされていた方でした。

面接官としての視点、応募者として臨んだ面接での失敗談を交えた説明は、とても説得力がありました。

セミナー時間は、2時間。

私は平日のお昼すぎ、一番眠くなる時間帯に受けたのですが、眠気などまったく感じることなく、あっという間に過ぎました。

他の受講者の方も、熱心にメモを取る人、うなずきながら聞いている人と、皆さん真剣でした。

場所は銀座会場で、参加者は60名くらい、セミナールームがぼぼ満席でした。
参加者の年代は20代~50代と幅広かったです。

面接力向上セミナーの感想

企業は会ってみなければ分からない

セミナーの前半では、面接に臨む姿勢をまず正されます。

面接の不採用理由で多いのが、次の3つ。

  • 意欲が感じられない
  • ハキがない
  • 話しが長くて、何が言いたいか分からない

応募者の姿勢が受け身の場合、面接官に上記のような印象を与えてしまうそうです。

この不採用理由、もったいないですよね。
経験が足りていないわけでも、スキルが足りていないわけでもない。

面接に臨む応募者の態度が違っていたら、採用されていたかもしれないんです。

なので、まず当事者意識を持つことの大切さが説かれます。

とはいえ面接に進んだ会社の中には、志望意欲がそれほど高くないところもありますよね。

キャリアコンサルタントに「〇件は、応募してください」って言われたから応募したら、たまたま書類選考が通ったという会社、面倒な気持ちのほうが強い。

ここで講師の方から出た言葉が、
企業は会ってみなければ分からない。

志望意欲が低かった企業の面接を受けたら、会社の社風や社員の対応などがよくて、この会社で働きたいと意欲が上がる。
逆に、面接前は意欲が高かったのに、会ってみたらイメージしていたものと違っていて、意欲が下がった。
ということは、よくあるそうです。

確かに、私にも覚えがあります。
業務内容と経験が少し合わなかったけれど、面談でお会いした人事や現場の方がアットフォームで、この会社なら働きやすそうと感じたことがありました。

会ってみたら入社したいと思ったのに、事前準備ができていなくて不採用になってしまった。
そんな悲しい結果にならないよう、心構えから変えることにしました。

自己分析より企業分析が合否を分ける

みなさん自己分析に時間をかけすぎなんです。
時間をかけるのは、企業分析です。

この言葉を講師の方から聞いたとき、なぜ自己分析より企業分析が大切なのかピンとこなかったんです。
でも講義が進むうち、その意味を実感しました。

企業分析(研究)をしたうえで、自己PRや転職理由を組み立てなければ、採用されるものにはならない。

講座の中では、架空の応募者、求人が用意されています。
それを例に、求人票の見方、企業分析の仕方、自己分析の仕方、企業分析と自己分析のつなげ方を説明してもらえます。

なるほど求人票って、そう読むんだ!
軽く斜め読みして、面接に臨んでいた自分を反省しました。

家に帰って、さっそく面接予定の求人票を印刷し、セミナーで説明された視点で、気になる点に線を引きつつ読みなおしました。
そのうえで自己PRを再度組み立て直したら、説明しようと思っていたことが、ガラリと変わりました。

セミナーを受けた価値がありました、良かった。

面接力向上セミナーの開催場所や服装

面接力向上セミナーは、リクルートエージェントの全国の拠点で定期的に開催されています。

開催場所:東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、北海道、東北(仙台)
※東京は、東京駅と銀座の2か所あります。

開催頻度は、東京と大阪がほぼ毎日、その他の拠点は月1回から週2日と幅広いので、地方で受講される方は余裕をもって申し込みをしてください。

東京の場合は、時間を選ばなければ3日前くらいでも予約できました。

参加時の服装は自由で、ジーンズなどカジュアルな恰好で来られている方も多かったです。

セミナー参加費用は、無料。
参加条件は、リクルートエージェントの転職サポートに申し込んでいることになります。
求人に応募していなくても、書類選考が通っていなくても申し込めます。

リクルートエージェントに申し込まず、面接力向上セミナーのみを利用することはできません。

面接に不安がある、書類選考に通っても面接が突破できないという方は、ぜひ参加してみてください。

転職サポートの申し込みはこちらから
リクルートエージェント

関連記事

リクルートエージェントの特徴や評判、大手求人はどのくらいある?

業界最大手のリクルートエージェントは、求人数、転職支援実績ともにNo1。 約40年間で累計41万人以上、2016年度だけでも約3万人が転職...

リクルートエージェント 森本さんの『社長が欲しい「人財」!』から学ぶ転職の仕方

リクルートエージェントといえば、転職エージェントの中でもトップの企業です。 その中で入社1年目で全社MVPをとり、No1コンサルタントとし...

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職エージェント, 職務経歴書・面接対策, 転職の不安や疑問
-,

PICK UP!

1
DODAエージェントの体験談 面談はしつこかった?

DODAの転職サイトは、登録した時にちょっと後悔しました。 登録した翌日、業務時 ...

2
リクルート面接力向上セミナーの体験談、受かる手ごたえは感じれた?

リクルートエージェントが主催する「面接力向上セミナー」に参加してきました。 書類 ...

3
JACリクルートメントの体験談、面談や求人の質は良かった?

口コミでの評判がいい! これが、JACリクルートメントに登録してみたきっかけでし ...

4
ビズリーチ・ウーマンの評判は?働く女性が希望を持てる求人はあった?

「こんな求人が出ているんだ、この仕事なら転職したい!」 ビズリーチウーマンに掲載 ...

5
転職で年収がアップするか手軽に診断できるミーダス(miidas)、もう試してみた?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

6
女性の転職でリクナビネクストを登録するメリットはある?

転職した人の8割が登録したという「リクナビNEXT」。 「私も登録しておこうかな ...

7
ビズリーチの評判は?転職したいと思える年収の求人はあった?

私が登録したきっかけは、ビズリーチを利用していた友人にすすめられたからでした。 ...