華のキャリアライフ

自分に合った仕事の探し方、スキルアップなどの情報を体験談を交えてお届け。

転職

転職活動、採用されるための方法は?

転職活動って、不安じゃないですか?
初めてならなおさら。

求人はどこで探すのがいいの?
履歴書や、職務経歴書ってどう書けばいいの?
転職エージェントって、利用したほうがいいの?
採用されるためには、何に気をつけたらいいんだろう?

そもそも、私、採用してもらえる???
とか。

不安は、やり方を知ることで小さくできます。
知っていることで、採用される確率もぐっとアップできます。

marble-1707291

転職活動の方法

転職活動の基本

転職活動の基本的な流れは、次のような感じです。

・やりたい仕事をイメージする
・自己分析をする
・職務経歴書や履歴書を書く
・求人を探す
・求人に応募する
・面接を受ける
・採用条件を交渉する

やりたい仕事をイメージする

転職活動は、営業活動に似ています。
自分という商品を、欲しいと思っている会社に買ってもらう。

難しいのは、「買ってもらえればどこでもいい」というわけではないところ。

求人を探す前に、自分がどんな会社で、どんな仕事を、どんな風にしたいのか。
何故やりたいのか、がはっきりしていると、満足できる転職ができます。

(できれば、書き出しておくといいですよ)

やりたい仕事をイメージするときに大切なのは、
・採用されるのかしら?
・そんな仕事が存在するかな?
などは一旦考えずに書き出すのがポイントです。

せっかく転職するなら、こういう仕事がしたかった!と感じてほしい。
転職を、今の仕事を辞める手段ではなく、楽しい仕事に就くための手段にしてほしい。

やりたい仕事のイメージがついていないと、漠然と求人を探すことになってしまいます。
どの求人もなんだかピンとこなくて、応募したい求人がないなーということになりかねないんです。

girl-1703251-m

自己分析をする

自己分析では、今まで担当した仕事や、身に付けたスキル、自分の得意や不得意を洗い出していきます。

この時、仕事をしていて楽しかったことや、夢中になれたこと、このために私は頑張れた!ということも一緒に書き出しておきましょう。

これ、面接のときに役立ちます。

職務経歴書や履歴書を書く

転職活動の中で、一番面倒なのが職務経歴書です。

あの仕事、何時から何時まで担当していたかな。
どのくらいの規模だったかな。
もー、今更覚えていないよ!と思うことが結構あります。

今までの経歴を全部書かなきゃと最初は思いがちですが、そんなことはありません。

採用担当者が知りたいことが、分かりやすく書かれていることが大切なので、アピールしなくていい経験はさらっとまとめてしまって大丈夫です。

初めての時は、転職サイトや転職エージェントのサイトに用意されているファイルを使うと書きやすいですよ。

参考記事職務経歴書のおすすめフォーマットとダウンロードサイト

書いてはみたけれど、これでいいのかな?と不安な時は、転職エージェントや転職サイトの添削サービスを利用しましょう。
プロに見てもらった安心感が自信になります。

履歴書は、求人へ応募するときに必要になるので、それまでに用意すれば大丈夫です。

「履歴書って必要なの?職務経歴書があればいいんじゃないの?」と、面接を受ける前は思っていたのですが、面接では履歴書からもいくつか質問されました。

けっこう大切です。

coffee-2707291

求人を探して応募する

求人は、転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、会社の採用ページなどで探せます。

参考記事総合系の転職サイトを比較、利用してみて分かった登録すべきサイトは?

転職サイトや転職エージェントに申し込む時は、職務経歴書や履歴書を用意できていなくても大丈夫です。

今の担当している職種やスキルなど最低限の情報だけで登録できる転職サイトや、初回の面談までに職務経歴書を送ればいい転職エージェントがほとんどです。

なかには、メールアドレスだけあれば登録できるサイトもあります。

メールアドレスは、できれば転職活動用のものを用意したほうがいいです。
というのも、メール数がとにかく多い。

新着やスカウトメールやオファーメール、メルマガなど、メールの種類もいくつもあります。
メルマガなどは、受け取らない設定もできますが、それでもかなり多くなります。

面接を受ける

面接は、慣れていないと緊張しますよね。

事前に準備をすることはもちろん、やはり場数を踏むことも効果があります。

転職エージェントの面談なども、相談する気持ちだけではなく、面接のリハーサルと思って臨むと本番の時にスムーズに言葉がでます。
(転職エージェントで聞かれることは、実際の面接でも聞かれます)

参考記事転職の面接で実際に聞かれた質問

採用されるか不安な気持ちでいくと緊張して上手く話せなくなりがちです。
直接会社の人にあって、その会社に入りたいかどうか確認しに行く!という気持ちでいくと、少し楽になれますよ。

自分という商品のいいところを、めいいっぱいアピールしてきてくださいね。

flower-1707291

採用条件を交渉する

採用条件の交渉で大切なのは、「譲れない条件は、強い気持ちで取りにいく」です。

こんな条件を言ったら採用NGになってしまうかな・・・と不安になるかもしれません。

今の仕事生活でたいして気にしていない条件なら妥協しても構いません。
ですが、自分が仕事をしていく上で大切なことは、ダメなら他の会社を探そうというくらいの気持ちでいきましょう。

入社してからそのことが不満につながって、転職して良かったと感じられなくなってしまうから。

でも、交渉ごとに慣れていないと、強くは言えないですよね。
そういう方は、転職エージェントを利用しましょう。
自分が苦手なことを任せるために利用するものですからね。

転職活動の期間

転職活動の期間は、20代は2ヵ月~3ヵ月くらい、30代以上は半年くらいかかっている人も多いです。

20代は、求人が多いことや、ポテンシャル採用といって、多少経験やスキルが足りてなくても、意欲や今後の成長に期待して採用されることもあるので受かりやすいです。

30代以上の転職活動が長くなりがちな理由は、大きく3つです。

まず、20代と比べて求人数が少ないこと。
ですが全然無いのかというと、そうでもありません。
最近はミドルの転職需要があることが分かって、各転職エージェントが力を入れているので探せば結構あります。

2つ目が、選考が通りにくいこと。
即戦力になることを求められるので、経験やスキルの評価がシビアになり、面接までなかなか進めないんです。

ここは、職務経歴書の書き方を工夫するとか、応募するときに紹介状を付けてくれる転職エージェントを利用するなどの対策をしましょう。

3つ目が、希望条件やこだわりの条件が多くなりがちなこと。
今よりもいい条件にこだわりすぎて、転職先を決められなくなってしまうんです。

teddy-1612191-m

転職活動は、期間が長くなるほど辛くなります。
採用されないと、自分に自信がなくなってくるんです。

「また採用されなかった凹、私じゃだめなのかな?取ってもらえる会社なんてないんじゃ・・・」
とネガティブ思考になって、転職活動を止めてしまうケースも多いです。

もしくは、採用されることを優先して、条件を下げたり、今の仕事よりはいいだろうと無理やり自分を納得させて転職先を決めてしまう。

ここで大事なのは、自分はどうしたいのか?ということ。

採用されることを優先して妥協するのか、転職期間を延ばしてでも希望条件にあう転職先を探すのか。

どちらを選ぶのかは人それぞれ、納得して選んだ方が正解です。

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職

PICK UP!

woman-1703191-m 1
ビズリーチ・ウーマンの評判は?働く女性が希望を持てる求人はあった?

「こんな求人が出ているんだ、この仕事なら転職したい!」 ビズリーチウーマンに掲載 ...

woman-1702181-m 2
転職したら年収がアップするか手軽に診断できるサービスってある?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

agreement-1708211 3
JACリクルートメントは評判どおり?紹介された求人など体験談を紹介

利用した転職エージェントの中でよかったのが、JACリクルートメントでした。 転職 ...

仕事 4
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が提供するミーダス(MIIDAS)は、自分の市場価値を手軽に診断してくれるサービス

質問に答えていくだけで、手軽に自分の市場価値を知ることができるというミーダス。 ...

watch-1708261 5
ビズリーチの評判は?転職したいと思える年収の求人はあった?

私が登録したきっかけは、ビズリーチを利用していた友人にすすめられたからでした。 ...