華のキャリアライフ

自分に合った仕事の探し方、スキルアップなどの情報を体験談を交えてお届け。

転職

新しい職場に早く慣れて、成果を出すためにやった8つのこと

2016/07/11

仕事に不満はあるけれど、転職先の職場や仕事になじめるか不安で、今の会社に我慢したまま勤めていませんか?
20代の頃に転職活動をしたことがありますが、次の職場への不安で転職を辞めたことがあります。

今は新しい職場に移って、楽しく、同僚からも感謝の言葉をもらいながら働いています。
その時にやったことや意識したこと、結果を出すためのコツなどを紹介します。

リラックス

転職先の職場に早く慣れるためにしたこと

1.笑顔で明るく挨拶

あなたが新しい職場に馴染めるか不安なように、受け入れる側も仲良くやれるか、気が合う人か、期待と不安が入り混じっているものです。
緊張で顔が引きつっていても、とにかく笑顔を心掛けましょう。

この時、相手の反応は気にしないことです。
社交的な方は、同じように笑顔で挨拶を返してくれますが、人見知りな方は素っ気ないものです。
一瞬、歓迎されていない?と不安になりますが、そのうち時間が経つと意外と面倒見の良い方だったりします。

2.自分から主体的に動く

求人を出す企業は、人手が足りていないから募集を出しています。
人事などは受け入れ態勢ができていても、現場はてんやわんやで新しい方にレクチャーする時間がとれないことが多いです。
指示をされることを待つのではなく、必要な資料は自分で探しすなど主体的に動きましょう。

3.メモを取り、同じことは聞かない

レクチャーをして下さる方は、その部署で仕事ができる方が多いです。
大抵、打ち合わせ続きで時間が取れなかったりします。

一度聞いたことは、メモを取り2度は聞かないように工夫しましょう。
何度も聞くと、仕事ができない人という印象をもたれてしまいます。

会社によって、同じ仕事でもやり方が違うことが多いので、戸惑ったり、混乱したりするかもしれません。
そういう時は、どんな意図でそのやり方をしているのか、目的は何か、防ごうとしているミスは何かといった観点で質問をしてみるといいです。
手順だけでは分からなかったことが、目的を知ることで腑に落ちて理解が早くなります。

また、前の会社の業務と紐づけることで、要領よくできることもあります。

4.質問・相談できる同僚を見つける

どの職場にも社交的な方や、面倒見のいい方はいるものです。
周りを観察し、そういう方をみつけましょう。

レクチャーをして下さる方が忙しくて捕まらないときは、その方に相談や質問をすると業務が進みます。
また、分からなかったことを同じ方に何度も聞くと嫌がられますが、他の方に質問する分には大丈夫です。
人によって、知識や説明のうまさが違いますから、レクチャーを受けたときには分からなかったことが理解できるかもしれません。

5.転職先で使われている用語を覚える

同じ会社にずっといると、その会社独自の言葉だということに気づかない用語がたくさんあります。
聞きなれない言葉が出てきたらメモをしておいて、一般的な言葉なのか、その会社独自の言葉なのか調べるといいです。

なお、前の会社で使われていた言葉にも同様のことが言えます。
自分が当たり前に使っていた言葉が一般的ではなく、話が通じなかったりしますので、気をつけましょう。

6.色々な人とランチに行く

初日は、職場のみんなで一緒にランチに行く場合が多いですが、2日目以降はそれぞれになります。
そんな時、ちょっと仕事で一緒になった方を、ランチに誘ってみるのも手です。
業務中はそれぞれの仕事で忙しくて聞きづらい質問や、チームの全体像、各自の役割や得意不得意など、何気ない会話で知ることができます。

※私はあまり社交的ではないので、これはやらなかったのですが、同じ時期に入った同僚がやっていて、あっという間に知り合いが増え、業務調整がスムーズにできていました。

転職先の職場で早く結果を出すためにしたこと

7.信頼を得ることを優先する

入ったばかりの時は、同僚や上司からの信頼が得られていない状態です。
正しい意見でも、通らない場合もあります。

そう感じた場合は、まずは信頼を得るために、与えられた仕事を確実に品質よく仕上げることに集中しましょう。
最初の頃は、どんな仕事が任せられるか上司も分かっていないので、色々な仕事を依頼されることがあるでしょう。
希望していない仕事だったり、雑務的な仕事もあるかもしれません。
モチベーションを下げずに笑顔で受け、着実に結果を出していきましょう。

信頼を得られていくと、自分の意見も通りやすく、希望する仕事も任せてもらえるようになります。

8.転職先の同僚に敬意を払い、成果を焦らない

新しい職場に入った直後は、外からその業務を見ることができるので、無駄な業務や改善点などに気づきやすいです。

ですが、いきなりそれを指摘すると、むっとされ、意見を取り入れてもらえない場合があります。
分かっていても人手が足りなくてできなかったことや、そのやり方にそもそも疑問をもっていないなど原因は色々です。

以前はもっとひどい状態で、やっとここまで業務が回せる状態になったという場合もあります。
ここまで業務を育ててきた事に敬意を払いつつ、相手が受け入れやすい形で提案するといいです。
例えば、今の現状をいったん褒め、こうしたらもっと良くなるのでは?と話しを組み立てると、聞いてもらえることが多かったです。

また、入ったばかりで仕事の全体像がつかめていない時は、よかれと思って提案した内容が的外れなこともあります。

そういう時は成果を焦らず、改善点などをメモしておくといいです。
特に前の職場との違い、優れている点などは、成果に繋がりやすいので、必ず書いておきましょう。
この時に注意することは、文化の違いや仕事のやり方の違いによって、前の職場ではうまくいっても次の職場では成果がでないことがあります。
前の職場で上手くいっていた背景を確認しつつ、改善提案するようにしましょう。

転職した直後は、覚えることが沢山あり、慣れない職場や人間関係に疲れることも多いですが、3ヶ月もすれば落ち着くものです。
焦らず、頑張りましょう。

ブログ村投票ボタン



にほんブログ村
投票ありがとうございます。励みになります。

-転職

PICK UP!

woman-1703191-m 1
ビズリーチ・ウーマンで、年収、キャリアアップのチャンスを掴み取る

「こんな求人が出ているんだ、この仕事なら転職したい!」 ビズリーチウーマンに掲載 ...

woman-1702181-m 2
転職したら年収がアップするか手軽に診断できるサービスってある?

「年収がアップするなら転職したい」って思いませんか? en ミドルの転職が実施し ...

woman-1607154-s 3
転職エージェントの中で評判の良いJACリクルートメントを利用してみた感想

転職エージェントを10社近く利用しました。 その中で1番よかったと感じ、お友達に ...

仕事 4
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が提供するミーダス(MIIDAS)は、自分の市場価値を手軽に診断してくれるサービス

質問に答えていくだけで、手軽に自分の市場価値を知ることができるというミーダス。 ...

質問 5
ビズリーチは、面接確約プラチナスカウトで効率的に転職活動ができる

ビズリーチ、ビズリーチ・ウーマンの特徴の一つであるプラチナスカウトを知っています ...